ヤフオクドームの座席の種類とシーズンシート

ヤフオクドームで楽しいのは野球観戦だけではありません。歌手やアイドルのコンサートも行なわれているのです。そういったコンサート時の座席表は、通常の野球観戦の場合と違っています。

コンサートでは、通常の観客席に加えて、アリーナ席とよばれるステージに近いスペシャルなシートが用意されているのです。ステージやバックステージ、花道や移動通路といったコンサート用の会場設置に合わせて、座席も作られています。

スポンサードリンク

ヤフオクドームのアリーナ席

arena

グラウンド内に作られるアリーナ席は、ステージ間際まで近づけるシートもあるので人気です。コンサートごとに特別の座席表が作られていますので、事前に情報を入手して予算と睨みながら欲しいシートを決めましょう。

コンサートのアリーナ席は音や仕掛け、アイドルたちとの距離など迫力満点ですが、全体を見渡すには不向きかもしれません。ドーム全体の雰囲気を楽しむのであれば、通常のスタンド席やスーパーボックスなどからヤフードーム全体を一望するのがいいでしょう。いずれにしても、チケット購入には座席表は不可欠です。

座席表からチケットを購入

ヤフオクドームでホークスの試合を観戦したいけど、どの座席がいいのか分からない。そんなときは、座席表を調べてからチケットをとるようにしましょう。

座席の構成

シートは以下の構成になっています。

・SS指定席一塁側、三塁側
・S指定席一塁側、三塁側
・コカコーラシート一塁側、三塁側
・A指定席一塁側、三塁側
・B指定席一塁側、三塁側
・外野指定席一塁側、三塁側
・外野自由席

コカコーラシートとは、一塁側、三塁側のファールグラウンドにせり出した迫力満点のシートです。ライン際の長打が目の前のフェンスで跳ね返ったり、ドライブのかかったファールボールが飛んできたりとスリリングです。SS指定席と外野自由席は値段が違うチケットとなりますが、安いからつまらない訳ではありません。それぞれの好みです。

応援したいチームによって一塁側、三塁側を選べますし、チケットの値段も違うので座席表を見ながらチケットを購入することができるでしょう。座席表は福岡ソフトバンクホークスのオフィシャルサイトで確認することができます。

スポンサードリンク

ヤフオクドームの座席バリエーション

doom

ヤフオクドームの座席バリエーションは実に豊富です。

スーパーボックスは、ガラス張りの室内でゆっくりと豪華なディナーを楽しめると共に、ガラスの外のバルコニーに移動すれば球場内の熱気に包まれながら試合観戦ができる、プライベートルームです。スーパーボックスだけの専用ゲートは、まるでホテルのクロークのよう。野球場の貴賓室として、大切なお客様やお得意様の接待にもぴったりです。

ビクトリーウイングは、ヤフードーム5階席と6階席に設けられたテラス形式のシートです。野球専用WEBコンテンツを閲覧できるシートや、畳で和めるスペースのあるシート、キッズコーナーが併設されたシートなど、楽しみ方にバリエーションがあるのです。

お金のない人にもありがたいのが980円チケット。ソフトバンク携帯のユーザーだけが980円でA指定券を購入できる廉価版チケットです。また、気の合う仲間と共同でチケット購入すれば、団体割引が効くのです。12人の仲間を集めて、一緒にナイター観戦に行こう、と話が決まれば共同で購入してみましょう。

シーズンシート

福岡ソフトバンクホークスの猛烈なファンを自認するのであれば、シーズンシートを手に入れましょう。シーズンシートは、ヤフオクドームで開催される福岡ソフトバンクホークス主催のレギュラーシーズン公式戦全試合を、同じ座席で観戦できるのです。

シートの場所はじつにさまざま。バックネット裏のプレミアムSS席はもちろんのこと、内野席、外野席、そして選手と同じ目線で試合を楽しめるコカコーラシートまで、お好きな場所を自分専用シートとして手に入れることができるのです。

熱烈な鷹ファンならホームゲームの試合はみんな応援に行きたいでしょう。また、サークルで共同購入して都合のいいときに観戦するのもいいでしょう。接待用シートとして仕事のお得意様へのプレゼントにもできます。ボックスシートはくつろぎながらテーブルを囲める余裕のある座席で、食事オーダーも来るのでディナーがてらの観戦もできます。

ホークスの試合がある日は、仕事が手につかない。残業にならないよう、朝から全速力で仕事を片付けてしまう。そんな猛烈な鷹ファンであれば、シーズンシートはプラチナチケットなのです。「オレのシート」がヤフードームに持てるなんて、夢のようではないでしょうか。

まとめ

ヤフオクドームでの野球観戦チケットは、実にさまざまなバリエーションがそろっています。人それぞれの楽しみ方を演出する憎い心意気です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*