札幌ドームへのアクセス。シャトルバス、車、電車での行き方

札幌ドームは株式会社札幌ドームによって運営されています。1993年FIFAワールドカップ大会国内開催候補地の決定したため、札幌市がドーム化を決定しました。1998年に着工されました。1999年には札幌ドーム条例が制定され、2001年6月に開業となりました。

スタンドの固定客席数は41484人で、最大収容人数は53738人です。札幌ドームは地上4階、地下2階の建物です。高さ53mの展望台があります。敷地面積は305230㎡で、屋内アリーナ、オープンアリーナの他に屋外サッカー練習場が2面あります。屋外サッカー練習場のうち1面は人工芝で、1面は天然芝です。

スポンサードリンク

札幌ドーム館内施設について

sapporo

館内にはたくさんの飲食店があります。またこどもの遊び場キッズパークがあります。ドーム屋内3階にあり、巨大な遊具で子供が遊ぶことが出来ます。試合観戦の際も、試合・イベントがない日でも、無料で遊ぶことが出来ます。営業時間は10時から17時までです。

新千歳空港からのアクセス

札幌ドームは新千歳空港から行く場合とても便利です。新千歳空港と札幌市内を結ぶ空港連絡バスの一部が札幌ドームバス停、または福住3条3丁目、福住3条2丁目に停まります。新千歳空港からは45分ほどで札幌ドームに着きます。また札幌都心からタクシーや車で向かう場合には約30分です。

札幌ドームの駐車場

札幌ドームには1391台泊められる駐車場があります。大規模イベントを開催時には駐車券の事前購入が必要になります。駐車券はローソン、セブンイレブンのコンビニ、チケットぴあなどでの電話、インターネットで購入することができます。羊ヶ丘通りから入場、退場することができます。1台2500円です。イベントによっては駐車場が利用できないことがありますので、注意しましょう。

徒歩で行く場合

徒歩で札幌ドームに入場する場合は5箇所の出入り口があります。札幌ドーム歩道橋、福住口、月寒口、バス停口、清田口です。月寒口と清田口は冬季は積雪量によって門が閉鎖されることがあります。

札幌ドームのシャトルバス

bus

札幌ドームは北海道札幌市豊平区羊ヶ丘にあります。地下鉄福住駅3番出口から徒歩10分ほどです。福住駅は札幌駅から地下鉄で約13分で、札幌からは近いです。

大規模なイベントの後は地下鉄福住駅から札幌ドームの道のりの間、そして地下鉄東豊線が混雑します。大規模イベント開催時には各地と札幌ドームを結ぶシャトルバスが運行します。シャトルバスの運行の有無を事前に調べるととても便利です。

シャトルバスが発着するバス停は南郷18丁目駅(地下鉄東西線)、平岸駅(地下鉄南北線)、真駒内駅(地下鉄南北線)。そして、JR白石駅(JR北海道)、新札幌バスターミナル(地下鉄新さっぽろ駅・JR新札幌駅に直結)の5つのバス停と札幌ドームを結びます。

行きにはイベント開場時刻の30分ほど前からイベント開始時刻まで運行しています。帰りはイベント終了時刻に合わせて随時運行しています。最終便の出発は館内放送があります。このシャトルバスを利用するととても便利です。

スポンサードリンク

札幌ドーム周辺のホテル

hotel

札幌ドーム周辺に宿泊施設を探すのは難しいと思います。しかし、札幌駅まで地下鉄で13分ほどで行くことが出来ますので、札幌中心部にはたくさんの宿泊施設があります。タクシーで20分ほど行くといくつかのホテルがあります。

ルネッサンスサッポロホテル

札幌ドームからタクシーで20分ほどです。豊平川の湖畔にあり、静かな場所にあります。フィットネスクラブもあります。

1泊600円で駐車場を利用することが出来ます。
約6000円~宿泊できますので、札幌ドームに行くついでに札幌旅行にもよいかもしれませんね。

ホテルライフォート札幌

札幌ドームからタクシーで20分ほどです。中島公園の緑に囲まれ、地下鉄の駅も近く便利なホテルです。ホテル全室から札幌市内のすばらしい眺望を楽しむことが出来ます。1泊約4000円~宿泊することが出来ます。駐車場は1泊500円で利用することが出来ます。

まとめ

札幌ドームへの行き方についてまとめました。旅行で訪れる際には宿泊先の確保も必要ですね。今回紹介しました他にも札幌パークホテル、アートホテルズ札幌、札幌ロイヤルホテルなどもおすすめです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*