大阪から京都へ!電車で行く4つの方法と有名観光地

大阪と京都、どちらもショッピングや歴史遺産で魅力的な都市ですよね。しかも距離的にも近い!やろうと思えば一日でハシゴすることも可能ですし、1泊2日でそれぞれ1日ずつまわれば大満足!そんな大阪-京都間ですが、用途で行く方法にバリエーションがあります。今回は大阪から京都へ電車で行く方法をちょっとまとめてみましょう。

スポンサードリンク

方法①新幹線~とにかく最速で行くなら

出発地:新大阪駅周辺
到着地:京都駅周辺
使用路線:御堂筋線orJR東海道線orJR環状線と東海道新幹線

新幹線

もし貴方が地下鉄御堂筋線沿線にいるか、JR東海道線沿いか環状線沿いにいるか新大阪駅付近にいて一刻も早く京都に行きたいなら新幹線がお勧め!15分で京都駅に到着できます!値段も意外に自由席で1420円と安いのです。京都-大阪間なら新幹線も本数が多くて途中駅がないのでこだまにのったって平気ですよ!時は金なり!もうどうしようもない時にはいかがでしょう?

方法②京阪電車~神社仏閣でパワースポットめぐり

主な出発地:淀屋橋・京橋・中之島
主な到着地:清水寺・伏見稲荷・四条・京都大学(・鞍馬)
使用路線:京阪本線(・叡山電鉄)

京都といえばお寺に神社。修学旅行ではありがたみがイマイチだったけど大人になった時に魅力を再発見!って人も多いハズ。パワースポットとして人気なところもたくさん!

京阪で行ける有名観光地

清水寺

そんな神社仏閣にお参りするのに便利な京阪線。特急に乗れば、大阪中心部から京都の繁華街まで1時間ちょっとで到着!沿線の途中には伏見稲荷や清水寺などそうそうたるお寺がたくさん!四条も含まれているのでショッピングにもいけます。終点の出町柳駅からアクセス抜群の叡山電鉄を利用すれば三千院や鞍馬へのアクセスも楽々です。

梅田から淀屋橋までは御堂筋線で一駅ですし、時間に余裕があるなら歩くのもおすすめですよ。10分~20分で到着できて、ニュースでよくみかける大阪市役所も見物できます。さぁ、京阪線でお寺に参ってみませんか?

スポンサードリンク

方法③阪急電車~嵐山とスポーツ観戦なら

主な出発地:梅田・十三・豊中
主な到着地:嵐山・四条・西京極
使用路線:阪急京都線・阪急嵐山線

阪急で行ける有名観光地

嵐山

ドラマで、紀行番組でおなじみの嵐山!渡月橋を渡って八方睨みの龍を見て…おしゃれな街並みを歩く!自然もいっぱい。リフレッシュもできる嵐山!いつでも大人気スポットに行くなら阪急電車がお勧めです。

梅田から行くなら乗り換え一回で嵐山へ。便利なこと間違いなし!乗り換えなしの終点は河原町(四条)なので、大阪のショッピング街から京都のショッピング街への梯子も可能です♪

また、スポーツの試合が行われる西京極スタジアム(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)へのアクセスは断然阪急!電車のダイヤが乱れにくいことでも何気に知られてる阪急、是非検討してみてはいかがでしょうか?

方法④JR~とにかく色々な所にアクセスが多い

主な出発地:梅田・難波・新大阪・京橋 etc
主な到着地:京都・トロッコ嵐山(・二条城・京都御所)
使用路線:JR東海道線・JR嵯峨野参院選(・京都市営地下鉄)

大阪駅

JRの強みは何といっても駅の多さとアクセスの便利さ!都合よく私鉄沿線にいるとは限らないし、乗り場が解らなくて迷ってしまった人。そんなときはとにかくJRへ。豊富な沿線は必ずあなたを京都へ連れて行ってくれます!新快速なら大阪から京都まで30分かかりません。

京都駅からバスと地下鉄が便利!

目的地へ遠くても大丈夫!京都駅に到着すれば地下鉄とバスへ乗り換えることができます。特にバスなら必ず目的地周辺まで足をのばしてくれますよ♪もし、色々見て回りたい場合はバスの1日乗車券を買うのもおすすめです。場所によっては電車でまわるよりも安くなりますよ!

番外編:東寺へ行くなら近鉄で

実は近鉄電車はJRと同じく京都駅へ乗り入れているのです。残念ながら大阪から直通の路線はないのですが、東寺へ行くなら近鉄電車がお勧めです。JRなら京都駅で、京阪電車なら丹波橋駅で乗り換え可能です。二時間ドラマでよく見る五重塔を見物にでかけましょう!

まとめ

いかがでしたか?こうしてみると目的地と今いる地点で色々なルートが考えられますね。土日のちょっとしたお出かけならいつもと違うルートを通って新鮮な気分で、旅行ならちょっとした冒険気分で大阪から京都へ足をのばしてみませんか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。