ナゴヤドームへの行き方!電車、車、飛行機で

ナゴヤドームは株式会社ナゴヤドームによって運営されています。着工は1994年8月で、竣工式は1997年3月12日です。毎年400万人前後の人を動員しています。客席は38500席あり、40500人収容することができます。敷地面積は104447㎡あります。容積は170万(うちアリーナは125万)です。高さは66.9mあります。また耐震設計になっており、東海地方で予想されている地震規模の1.5倍まで耐えられるようになっています。

スポンサードリンク

ナゴヤドームの特徴

芝生は自然に近い人工芝を使っています。イベントやコンサートで芝生が必要ないときには人工芝専用の巻敷機で巻き取ります。また自然の光を取り込めるように屋根中央部は2重ガラスになっています。全開、全閉だけでなく、様々なパターンでガラスを開けることができます。ナゴヤドームではサッカーやアメリカンフットボールでの使用も視野に入れて建設されていますが、現在までプロレベルの試合が行われたことはありません。

ナゴヤドームへのアクセスまとめ

train

電車で行く場合

ナゴヤドームへは地下鉄、ゆとりーとライン「ナゴヤドーム前矢田駅」から徒歩5分、JR、名鉄「大曽根駅」から徒歩15分です。名古屋駅から大曽根駅まではJRで12分という立地の良さです。名古屋駅は東海道新幹線ひかりが停車する駅ですので、新幹線でナゴヤドームに行く場合もとても便利です。

飛行機で行く場合

飛行機で行く場合には中部国際空港セントレアを利用すると便利です。中部国際空港セントレアから名鉄空港線で30~40分で金山駅まで行きます。金山駅から市営名城線で20分程でナゴヤドーム前矢田駅に着きます。ナゴヤドーム前矢田駅からは徒歩15分程ですので、空港からは1時間半ほどでナゴヤドームに行くことができます。

車で行く場合

車で行く場合には東名高速道路名古屋ICで下ります。名古屋ICからは約10kmです。名神高速道路、中央自動車道では春日井ICを下り、約12kmです。名古屋第二環状自動車道では勝川IC下車で約5kmです。前売り駐車券が必要になりますが、ナゴヤドームには駐車場があります。

スポンサードリンク

ナゴヤドーム周辺のホテル情報

hotel

遠くからナゴヤドームに出かける場合には日帰りが難しい場合もありますね。ナゴヤドーム近辺で徒歩で行ける範囲には宿泊施設が少なく、ホテル探しに苦労する人もいるようです。名古屋駅でも12分で行ける距離なので、名古屋駅でホテルをとっても不便ではないと思います。

シティホテルドーム

ナゴヤドームに一番近いホテルはシティホテルドームというホテルがあり、徒歩20分ほどです。利用客のほとんどがナゴヤドーム観戦が目的です。10回宿泊をすると11回目が無料で宿泊できるようになります。何度もナゴヤドームに足を運ぶ人にはとてもよいですね。団体での宿泊も可能です。車で行く場合には1泊1000円でホテルの駐車場を利用することができます。

リラクゼーションスパアペゼ

名古屋今池にはリラクゼーションスパアペゼという女性でも利用可能なカプセルホテルがあります。カプセルホテルというと女性は不安になるかと思いますが、このカプセルホテルは男女がセパレートになっています。ナゴヤドームまでは徒歩30分ほどです。

まとめ

各交通手段でナゴヤドームへの行き方についてまとめました。コンサートやイベントなどで遠方から旅行できた時には名古屋駅周辺のホテル利用もおすすめです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*