京セラドームの座席の違いとビスタルーム

京セラドーム大阪は大阪にある野球場です。時には京セラドームはアーティストのコンサートにも利用されます。京セラドーム大阪は野球観戦時には36000人収容、アーティストのコンサートでの利用時には最大55000人収容できます。とても大きな会場です。場所によってはスタンド席でも、ステージから遠くなってしまうことがあります。座席表で確認してみましょう。

スポンサードリンク

コンサート時の座席表には大きく分けると2つあります。スタンド席とアリーナ席です。まれにバルコニー席を使うこともあります。ステージはアリーナ席の外野側になることが多いです。アーティストによってはアリーナ席の中央のセンターステージの場合もあります。

ステージから客席を縦断するように突き出したステージが作られることがあります。これを花道といいます。ジャニーズやKPOP、EXILEなどがこのセンターステージや花道を取り入れています。アーティストによってステージ構成がそれぞれ違います。座席表を見て一概にどこがいいとは言えませんが、アリーナ席がアーティストを間近で見られる確率が上がります。

京セラドームの3つの座席

京セラドームにはスタンド席、アリーナ席、バルコニー席があります。座席表を見ると円形になっているのが分かると思います。

①スタンド席

スタンド席は1塁側と3塁側があります。座席表では円になっている座席を半分にわけ、右側が1塁側、左側が3塁側になります。さらに座席表を見ると、スタンド席は上段と下段に分かれているのが分かると思います。

②アリーナ席

京セラドームで通常野球をするグラウンドを座席として使用するときに、そこをアリーナ席と言います。グラウンドの外野側をステージとする場合が多いですが、中央のセンターステージになる場合もありますし、花道の本数がアーティストによってそれぞれ違います。アリーナ席は一概にどこの席がいいとは言えません。

③バルコニー席

バルコニー席と言うのは京セラドームの6,7,8階にあります。ビスタルームと言う特別観覧質です。いわゆるVIPルームです。チケットには座席に近いゲートの番号が書いてあり、その番号のゲートから入場すると座席にスムーズに行くことができます。また通路についても同じです。座席に近い通路の番号が記載されています。

スポンサードリンク

ビスタルームとは?

京セラドームにはビスタルームという特別観覧室にバルコニーがあります。京セラドームのビスタルームは年間契約で何百万円とする部屋です。10~12人で使用します。ビジネスの接待や社内コミュニケーションの場などに使用されることがあります。

バルコニーにあるシートはフカフカで2列しかありません。ルームサービスがついていて、ドーム内の厨房で作られた料理を部屋で食べることができます。ホテルの部屋からバルコニーに出たら、下にはスタジアム、ライブ会場というイメージです。とても贅沢なプライベート空間です。

メリットとデメリット

野球観戦に関してはVIPですが、コンサートになるとメリットとデメリットがあります。メリットは広々とした空間で、前の人も邪魔にならず、京セラドーム会場全体を見渡すことができます。ビスタルーム専用のトイレがあり、混み合うことなく使用することができます。ビスタルーム専用のエレベーターがあり、退場規制など関係なくスムーズに帰ることができます。

デメリットとしては、MCなどが聞き取りにくく、アリーナ席のような一体感を求めにくいところがあげられます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*