ペット

犬の拾い食いをやめさせる方法とフード選びのコツ

犬のしつけの中で、一番厳しく、しっかりと教えなければいけないのは、拾い食い、盗み食いをさせないようにすることだと思います。公園をはじめ、道路にも実にいろいろなものが落ちています。

たまたま、開けたばかりのパンを道路に落としてしまって、そのままになっていた…というような、比較的”いい”状態の物であれば、まだよいのですが、中には食べていいものとは到底思えないようなものも落ちています。

続きを読む

犬の車への乗せ方。車酔いには注意!

犬を飼ったら、「アウトドアを一緒に楽しみたい!」「遠くまでお散歩に行ってみたい!」など、一緒にしてみたいことが、いろいろあると思います。車で一緒にお出かけする機会も多くなるでしょう。

しかし、犬を車に酔いやすいと言われています。我が家の場合、先代の犬はずっと車に酔っていましたが、今の犬は子犬のころから、一度も車に酔ったことがありません。同じ家庭の中で同じに育てても違うのですから、人間と同じで、犬にも酔いやすい体質というものがあるのだと思います。

続きを読む

犬のシャンプーはどのくらいの頻度が良い?皮膚病対策にも!

犬も人間と同じように、皮膚を清潔に保つために、定期的にシャンプーをする必要があります。では、どれくらいの周期で洗ったらよいのでしょうか。一つの目安として、犬の皮膚のターン―オーバーにあわせて、洗うようにするとよいでしょう。

ターンオーバーとは、皮膚の新陳代謝のことで、人間の皮膚のターンオーバーは約28日といわれていますが、健康な犬の場合は、約20日といわれています。約20日でフケとなり、表皮から剥がれ落ちていくので、そのサイクルにあわせて、3週間に1度くらいの間隔で洗うようにするとよいでしょう。

続きを読む

犬は栗を食べても大丈夫です。アレルギーや与えすぎには注意!

何故か理由がよくわからないことは、世の中にはいろいろありますね。犬の世界でも不思議な事がいろいろあるのですが、犬が好きな食べ物というのは実は肉類に限ったことではないのですね。

野菜や果物を好んでいる犬もいます。そもそも犬は雑食の動物だから、好きなモノだったらなんでも食べてしまいますね。犬が栗を好んで食べると気づいたのは、以前に小型犬を飼っていたときでした。

続きを読む

犬を飼う時は雄か雌どっちがいいの?

犬を飼う場合、雄犬がいいか、雌犬がいいか悩むのではないかと思います。雄犬でも雌犬でもかわいいことには違いがありませんが、やはり性差によっての違いはあり、一生行動の違いとなって出て来ます。雄犬と雌犬それぞれの特徴について調べました。

続きを読む

犬がたまねぎを食べてしまった!少量だと大丈夫?

犬が食べると危険だと言われている食べものが、いくつかあります。その中の一つに、玉ねぎなどのネギ類が挙げられます。なぜ、人間は玉ねぎを食べても平気なのに、犬が食べると危険なのでしょうか。これには「量」の問題があるようです。一般的にたまねぎは犬に与えてはダメな食べ物として知られているため大量にあげてしまうことは少ないと思いますが、どのくらいの量でたまねぎ中毒の危険があるのか調べました。

続きを読む

犬はスイカを食べても大丈夫!熱中症対策にも。

夏の風物詩と言えばスイカですね。人が食べると美味しく健康にも良いスイカですが、犬に与えても大丈夫なんです。気温の高い夏場の熱中対策として、スイカは実に合理的な食べ物です。熱を下げ、頭痛や吐き気という熱中症の症状を予防することができます。熱くて食欲がない夏場には、栄養価満点のスイカは非常に食べやすいものです。

続きを読む

犬はブルーベリーを食べても大丈夫!目に良い効果も

犬には与えてよい食べ物と、そうでない食べ物があります。与えてはいけない食べ物の代表例は、たまねぎやチョコレート、ぶどうが挙げられます。ブルーベリーは、一見ぶどうの仲間のように思えますが、ツツジ科に属する果実のため、与えることができる食べ物です。ブルーベリーの持つ栄養素や犬への影響について調べました。

続きを読む

犬は柿を食べても大丈夫!免疫力UP効果も。

犬に柿をあげても大丈夫です。柿は他の果物よりも格段にビタミンCの量を多く含みます。そのビタミンCは実に免疫力を高め、風邪の菌から体を守る抵抗力も高めることができます。近頃、どうも鼻水を垂らしては風邪をひきやすくなったなと思う犬に与えたり、冬場に適度に食べさせることで風邪予防に役立てることができます。

続きを読む