友人への出産祝いの相場と訪問マナー

新しい命の誕生は、誰にとってもうれしいものです。そんな喜ばしい気持ちを素直に伝えるお祝いは、相応のご祝儀や品物を適切な時期に贈ることが大切です。

出産祝いの目安は友人の場合、ご祝儀は5千円から1万円くらいと言えます。贈る相手が年下なら多めの1万円で、相手が年上なら5千円といったところでしょう。品物を贈る場合も、そのあたりの金額を目安にしてはどうでしょうか。相手方の内祝いのお返しを考えると、あまり高額のお祝いをするのも考えものです。

スポンサードリンク

出産直後のお祝いの訪問には配慮しましょう

huuhu

昔はお七夜(生後七日目)までにお見舞いとお祝いを届けたものですが、現在では病院やお宅を訪ねることは控えるのがマナーとなっているようです。産後は、身内の方のお見舞いやお祝いの訪問でさえ疲れてしまいます。親しい中ならなおのこと訪問を控え、出産後の2週間くらいにお祝いのメッセージを添えて品物を配送するか、ご祝儀を送るようにしましょう。

訪問するときのマナー

親しい間がらで先方の希望もあって訪問をする場合も退院後2週間くらいたってから、ママや赤ちゃんの体調を尋ねて、お邪魔するのが無難です。また、訪問するときは、小さい子供は連れて行かないのがマナーです。赤ちゃんに対面しても抱いたり、ほおずりしたりするのはやめましょう。新米ママはナーバスになっていますし、外からやってきた訪問者はやはり雑菌も持ち込んでいます。除菌用のウエットティッシュで手を拭き、マスクをして赤ちゃんと対面するようにしましょう。お祝いのご挨拶とお祝いの品物やご祝儀を渡すのが目的なので、だらだらと長居はしないようにしましょう。

スポンサードリンク

ご祝儀?それとも品物?

presemt

ほとんどの人がもらってありがたいのはお金と答えているようです。出産祝いに多い品物は、6ヵ月から1歳前後のベビー服や赤ちゃんグッズ、おもちゃなどですが、重複しやすいので希望が聞けるほどの親しい友人なら聞いてからにしましょう。ご祝儀を現金にするなら、紅白の蝶結びの水引のものか、出産祝い用のかわいいご祝儀袋に入れて、ふくさばさみに包み、持参しましょう。お金だけでは何か物足らないように感じたら、ママへのちょっとしたプレゼントを添えると喜ばれることと思います。二番目の赤ちゃんのお祝いなら上の子への配慮も必要です。

もらってうれしい出産祝いは?

はじめての赤ちゃんと二番めの赤ちゃんとではもらってうれしい物が違ってきます。はじめての赤ちゃんの場合は、ベビー服や肌着、紙おむつなどの消耗品、ベビーカーその他の育児用品、おもちゃや絵本などです。二番目以降になると育児用品やおもちゃや絵本は特にほしいとは思わないようです。上の子のお下がりも利用できるので、商品券やカタログギフトなどが喜ばれるようです。

おすすめのプレゼントについてはこちらの記事も参考にしてみてください。
出産祝いに喜ばれるプレゼント!1000円~3000円以内で選ぶなら

まとめ

時代とともにお祝いの方法も、お返しの方法も多種多様になりました。出産のお祝いは、赤ちゃんのお誕生を心から喜んでいることを、シンプルに表現することです。今後のお付き合いのことも考えて、無理のない範囲でお祝いをしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*