犬を飼うときに注意したい!トイレマナーとトレーニング方法

現在、都心部を中心に犬のマナーについて、大変厳しくなっています。その中でも特に犬の飼い主に対して、厳しく求められているのは、犬の排せつ、いわゆるトイレについてです。

一昔前までは犬の好きな場所で、自由にマーキングさせている人が多かったものですが、今では「マーキングはさせない」という飼い方が主流になってきています。やはり、家の前や敷地内で、犬にトイレやマーキングされるのは、犬を飼っていても不快に感じるものです。犬を飼っていない人にとっては、なおさらのことでしょう。

スポンサードリンク

トイレシートでトイレを済ませよう

そういった不要なトラブルを避けるためにも、犬は自分の自宅内のトイレシートでトイレを済ませてから、お散歩させるようにしましょう。人間と同じように、お散歩はあくまで「お散歩=運動」であって、お散歩を「排せつさせる時間」にさせないようにすることが大事です。

犬がトイレシートでトイレをするようになると、飼い主にとっても、「犬をトイレに出さないと!」という時間的制約からも解放されますし、天気が悪いときや自分の体調が悪いときでも、犬のトイレを心配しなくて済むので、かなり生活がラクになり、メリットがあることです。また、お散歩をしている間も、あくまでもその時間は「運動」ですから、お散歩している間にトイレをさせないと…と心配しながら歩くこともなく、好きな所へ自由に行くことができます。

愛犬のトイレトレーニング方法は?

dog
犬を飼い始めたら、飼い主が最初に取り組むのは、「トイレトレーニング」ではないでしょうか。ペットショップやブリーダーからやってくる、2~3カ月の子犬の場合、まだトイレトレーニングができていない場合が多いと思います。
子犬は好きなときに、好きな場所で排せつしてしまうので、家に来たらすぐに、トイレトレーニングを始めなければなりません。

さて、どうやってトイレトレーニングをしたらよいのでしょうか。まずは子犬が寝ている場所と、トイレはきちんとわけるようにします。犬は元来、大変キレイ好きな動物です。自分の寝ている場所を汚したくないので、寝床の近くでは排せつをしません。そういった習性も考えて、トイレの場所を設置するようにしましょう。

トイレに失敗した時は?

buldog
また、トイレを失敗した場合、厳しく怒ることが多いと思います。しかし、子犬にとっては何が正しくて、何がいけないのかをきちんと理解するのは難しいことです。犬がトイレシートにうまくできたときには、「いい子ね!」と
褒めてあげましょう。

逆に、トイレシート以外の場所でしてしまい、その瞬間を目撃した場合には、低い声で「あっ!ダメでしょ!」と言いながら、すぐに片づけてしまいます。見ていない時に失敗していた場合は、犬はもう排せつしたことを忘れてしまっていて、後から怒られても何で怒られているのかがわからなくなってしまうので、怒らずに片づけてしまいます。

このメリハリをしっかりつけることで、子犬自身も「トイレシート=ここでトイレをすると褒められる」から「トイレシート=トイレをする場所」というように、理解が進んでいき、成功率があがっていくようになります。少し時間がかかるかもしれませんが、頑張って取り組んでみて下さい。

まとめ

近隣住民とのトラブルを避けるだけでなく、飼い主にとっても、多くのメリットがあることなので、犬は家の中のトイレシートで排せつさせるようにしましょう。どうしても難しい場合には、排せつしたあとは必ず大量の水をまくなど、心遣いは必要です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*