犬がたまねぎを食べてしまった!少量だと大丈夫?

犬が食べると危険だと言われている食べものが、いくつかあります。その中の一つに、玉ねぎなどのネギ類が挙げられます。なぜ、人間は玉ねぎを食べても平気なのに、犬が食べると危険なのでしょうか。これには「量」の問題があるようです。一般的にたまねぎは犬に与えてはダメな食べ物として知られているため大量にあげてしまうことは少ないと思いますが、どのくらいの量でたまねぎ中毒の危険があるのか調べました。

スポンサードリンク

たまねぎはなぜ犬にとって危険なのか?

玉ねぎなどネギ類に含まれている「アリルプロピルジスルフィド」というものが、原因なのですが、犬の場合、体重が1㎏にあたり、15gほど摂取すると、いわゆる「玉ねぎ中毒」を引き起こしてしまうのだそうです。これは、1㎏あたりなので、10㎏の犬であれば150gほど摂取すると、中毒を起こす危険性が出てくるというものです。

少量であれば中毒の可能性も低い

小型犬であれば、中毒を引き起こすまでの量がかなり少なく、中毒の危険性も高くなりますが、30㎏の大型犬であれば450gとなるので、体も大きいですが、玉ねぎの量としても、かなりの量を食べる必要があります。もし少量食べてしまっただけであれば、そこまで心配する必要はありませんが、万が一大量に食べてしまった場合はすぐに獣医さんの指示を仰ぎましょう。

スポンサードリンク

たまねぎの食べすぎは人間にとっても毒

しかし、中毒になるのは犬だけでなく、人間でも一度にたくさん食べるとめまいがしてしまう人がいるようです。アレルギーや中毒反応は個体差が大きいので、ちょっと嗅いだだけ、舐めただけでも反応する場合もあれば、まったくなんともない場合もあります。

加熱してもダメ!盗み食いに注意しましょう

とはいっても、犬には「玉ねぎ中毒」というものがあるのは事実なので、なるべくあげないに越したことはなく、犬が玉ねぎなどネギ類を食べないように、保管場所やお買い物袋を置く場所なども、注意を払うようしましょう。「アリルプロピルジスルフィド」は加熱しても変化しないので、盗み食いをする大型犬がいる場合は、調理したあとのネギ類についても、注意が必要です。

まとめ

たまねぎやネギ類は犬が食べてはダメなものの代表的な位置づけですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。意外と知られていないものとしてはブドウがありますので、そういったものは犬に与えないことが大切です。基本的には犬用のおやつやご飯を与えるようにし、人間の食べ物を与える場合は事前に犬が食べても大丈夫か調べるようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*