犬のシャンプーはどのくらいの頻度が良い?皮膚病対策にも!

犬も人間と同じように、皮膚を清潔に保つために、定期的にシャンプーをする必要があります。では、どれくらいの周期で洗ったらよいのでしょうか。一つの目安として、犬の皮膚のターン―オーバーにあわせて、洗うようにするとよいでしょう。

ターンオーバーとは、皮膚の新陳代謝のことで、人間の皮膚のターンオーバーは約28日といわれていますが、健康な犬の場合は、約20日といわれています。約20日でフケとなり、表皮から剥がれ落ちていくので、そのサイクルにあわせて、3週間に1度くらいの間隔で洗うようにするとよいでしょう。

スポンサードリンク

犬のシャンプーを自宅でする場合

犬のシャンプーを自宅でする場合には、シャンプー選びも大事です。犬の皮膚は人間の皮膚の、約5分の1程度の薄さなので、外部からの刺激に弱いため、人間よりもずっと、皮膚に炎症を起こしやすい動物です。犬を洗う際のシャンプーは、必ず犬用のシャンプーを使うようにしましょう。人間用のものでは強過ぎてしまい、犬の皮膚を痛めてしまいます。

犬用シャンプーの選び方

今は、犬のシャンプーもたくさんの種類が出ています。ショードッグ用のプレミアシャンプーから、手ごろなリンスインタイプのものまで、値段もいろいろです。犬の毛質や皮膚の状態にあわせて、シャンプーを選ぶようにしましょう。どのシャンプーを使ったらいいのか、判断が難しい場合には、動物病院やペットショップで相談してみるとよいでしょう。

ただし、皮膚に炎症を起こしている犬の場合には、炎症を抑える抗菌タイプのシャンプーを使った方がいい場合があるので、そういった場合は、必ず動物病院で診てもらい、適切なシャンプーを処方してもらってください。

シャンプーをしっかりすることで皮膚病対策にも

現在、日本で飼われている犬はイギリスやドイツなど、欧米原産の犬が多く見られます。日本のように湿度が高くないため、欧米原産の犬は湿度に弱いといわれています。特に梅雨の時期は、高温多湿でジメジメしているので、皮膚病に悩まされている犬も多いようです。

梅雨から夏にかけて、皮膚病に悩まされている場合、どうしたらよいのでしょうか。まず、こまめにシャンプーをし、皮膚上に繁殖している細菌を取り除き、皮膚を清潔に保つようにします。

しっかり乾燥させてあげることが大切

家で洗う場合には、ドライヤーで根元をしっかり乾かすようにし、自然乾燥は絶対に避けましょう。雨が続く梅雨の時期に、洗濯物を部屋干しさせると、部屋干しの生乾きのにおいがするのと同じで、犬の毛を自然乾燥をさせると、毛の根元が長い時間、濡れた状態になり、細菌が繁殖する原因となります。

スポンサードリンク
ドライヤーはなるべく短く

ただし、ドライヤーの暑い熱で長時間乾かしていると、犬が熱中症になってしまうので、ドライヤーをあてる時間はなるべく短縮できるよう、まずはタオルドライをするとよいでしょう。その際は、水分の吸収性のよいタオルを使うと効果的です。雨の中をお散歩したり、海や川などで遊ばせたときも同様に、そのままにはせずに、なるべく早く毛を乾かすようにしてあげて下さい。

それでも、皮膚病が治らず、さらに悪化していくようであれば、抗生物質を服用したり、シャンプーを薬用や殺菌シャンプーに切り替えた方がいい場合もあるので、早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。

まとめ

犬のシャンプーの頻度ですが、皮膚のターンオーバーに合わせて3週間に1度くらいの間隔が良いようです。愛犬のシャンプーにはトリマーさんにお願いするのがおすすめですが、自宅でシャンプーする場合は上記の点を気をつけてシャンプーしてあげてください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*