犬はスイカを食べても大丈夫!熱中症対策にも。

夏の風物詩と言えばスイカですね。人が食べると美味しく健康にも良いスイカですが、犬に与えても大丈夫なんです。気温の高い夏場の熱中対策として、スイカは実に合理的な食べ物です。熱を下げ、頭痛や吐き気という熱中症の症状を予防することができます。熱くて食欲がない夏場には、栄養価満点のスイカは非常に食べやすいものです。

スポンサードリンク

暑い夏におすすめのスイカ

暑さでお肉やドッグフードを食べないなと思ったら、このスイカを食べさせるといいでしょう。スイカには、様々なビタミンや鉄、カリウム、アルギニンなどの栄養を含んでいます。ですから、元気がないなと思う時には最適です。疲れやすくなっている時などに食べさせれば、元気が漲るでしょう。

スイカの栄養素は犬の健康にも良い

suika

スイカは糖分がありますから、普通の無味な水よりも犬が食べやすいので、水分もしっかりと補給できます。どうも便が硬いなとか、水分が無くてパサパサしているという時にも、このスイカを食べさせましょう。

口内炎や高血圧の老犬にも

口内炎ができやすい犬にも最適です。又、高血圧の高齢な犬にも適したスイカは、犬の利尿作用の効果もあります。どうもオシッコの出が悪いなと思ったらば、スイカを食べさせましょう。カルシウムも多く含みますので、チーズが苦手、魚も苦手な犬のカルシウム不足を適度に補えます。足腰が弱る高齢の犬の脚も強くします。

スポンサードリンク

食べすぎには注意しましょう

ただ、気をつけたいのが、スイカには糖分が多く含まれていますから、犬への与える量に注意が必要です。その量は、小型犬ならドック用のお皿に半分以下程度、大型犬なら1皿以下に抑えましょう。元々、スイカは水分が多いために冷えてしまう食べ物です。それを更に冷蔵庫などで冷やしてしまえば、デリケートな犬のお腹には刺激が強くなります。常温のスイカを与えることで、下痢になりにくくなります。

犬にスイカを与える時は

与える時には、スイカが喉につまらないように、適度な大きさに切ってから与えましょう。四角に切るよりも、スプーンでくりぬいたものを与えると安心です。種は少し消化しにくいところがあるので、種は取り除いてあげるのもポイントです。1日に何度も与えるのは犬のお腹に負担が大きいので、1日に1回程度にしておくといいでしょう。

まとめ

今回はスイカの栄養素や犬への効果について調べました。スイカは犬にとっても健康に良い食べ物で特に暑い夏の水分補給に最適です。犬も人と同じで夏には熱中症にかかる危険性がありますので、夏場の水分補給はこまめにしてあげるようにして下さい。またスイカに関しても犬によってはアレルギーが心配ですのでたくさん与える前に少しだけ与えてみて大丈夫か確認するのが安心ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*