老犬がドッグフードを食べない時の対策を知ろう

犬は年齢を追うごとに食欲が低下して行くと言われています。見た目では分かりませんが、犬は人間よりもずっと早い段階で老犬になってしまうのです。老犬になったからと言って食事を怠ってはいけません。老犬がなかなかドッグフードを食べなくなってしまった場合はどう対処すればよいのでしょうか。

まずは、良質なたんぱく質のドッグフードを選ぶと良いでしょう。老犬は、消化器官が衰えてきているので以前の様に食事を消化する事が出来なくなっているのです。タンパク質は、良い成分で有ればある程消化吸収が良いと言われています。その為、良いタンパク質のドッグフードであれば老犬でも食べやすいのでは無いでしょうか。

スポンサードリンク

栄養バランスと食べやすい食事

タンパク質の他にも、ミネラル、カルシウム、ビタミンが大切だと言われています。これらの成分が多く含まれているのは野菜や海草類ですよね。肉主体のドッグフードだけでは無く、ドッグフードに野菜や海草を含ませて見てはどうでしょうか。

犬用のサプリメントを利用して栄養を補給してみても良いかも知れませんね。栄養は、健康を保つ為には欠かせない物なのです。

また、出来るだけ食べやすい食事を選んであげる事が大切です。老犬になると、歯も衰え、消化も悪く、食事をするのが苦痛だと感じている場合があります。その為、柔らかいウェットフード等に差し替えるだけでも食べやすくなるのでは無いでしょうか。通常のドッグフードでも、お湯等で少しふやかす事で柔らかく食べやすい状態にする事が出来ます。

犬用のサプリメントはどんなもの?

サプリメントを飲んでいる人は多いでしょう。そんなサプリメントは、実は犬用の物も販売しているのです。犬や猫、ペットにも栄養は必要な物です。

ペットは基本的に、ぺットフードから栄養を補給します。しかし、ペットフードから十分な栄養を補給する事が出来ない場合も有ります。体調が弱っている時等は、サプリメント等から栄養を補給する場合も有るのです。その為に、ペット用のサプリメントは存在しています。

しかし、ペット用サプリメントは飼い主の主観で飲むものです。なかなかペットがサプリメントを飲んでくれないという場合も多いでしょう。そういった場合は、出来る限りペットフードに混ぜて飲ませる事が大切です。

ペットによっては、舌の上に乗せるだけでサプリメントを飲みこんでくれるペットも居るでしょう。しかし、なかなか飲んでくれないペットも居ますよね。

その様な場合は、ピルクラッシャー等でサプリメントを砕き、ペットフードに混ぜて見てはどうでしょうか。サプリメントの味を消す事が出来、ペットフードと一緒に飲ませる事が出来るのです。他にも、牛乳等に混ぜて飲ませる方法があります。

スポンサードリンク

サプリメントは足りない栄養素を補うもの

全てのペットに、サプリメントが必要という訳では有りません。しかし、健康が不安なペットやドッグフードの減りが良く無い場合等は、何かしらの手段で栄養を補給しなければいけませんよね。

サプリメントからの栄養は十分に補給出来る物では無いと言われています。しかし、足りない栄養素を補うには、サプリメントはとても良い品なのです。

高齢犬にも安心なペットフードの選び方

完全に安全なドッグフードを選ぶ事は、とても難しいのです。ドッグフードには、原材料等をしっかりと記載している物が少なく、完全に安全かどうか知る事は難しいでしょう。その為、ペットに危険な成分が含まれているかどうかを成分表を見て判断する事は難しいと言われています。

成分表示がされた無添加ドッグフード

その為、一番良いドッグフードは無添加ドッグフードだと言われています。国産の無添加ドッグフードは、成分がきちんと表示されており、安全面に自信の有る物が多いのです。

通常のドッグフードよりも値段が高いものが多いでしょう。しかし、無添加ドッグフードはペットの健康を守り、維持する事が出来ると言われています。しっかりとペットに健康を守りたいのであれば、成分がきちんと表示されたドッグフードを選ぶと良いでしょう。

勿論、成分が表示されていないドッグフードでも全てが危険と言う訳では有りません。ペットショップ等で販売しているドッグフードを購入してペットに与えても何ら問題が無いという方も多いでしょう。

ドッグフードの安全面は不安な事が多いのです。しかし、100パーセント安全な物を見つける事は難しく、実際に食べて貰わなければわからない事もとても多い物なのです。

関連記事:アレルギーのある犬にもおすすめ!無添加ドッグフード

まとめ

ワンちゃんの食欲がなくなると心配になりますよね。フード選びで一番大切なのは、愛犬の体質や体調にあったフードを選んであげることです。どのフードを選んだらいいか難しい場合は、動物病院で獣医師に相談してみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*