犬の熱中症対策は?服など清涼グッズもおすすめ

温暖化現象のおかげで、今や亜熱帯のようになった東京の夏。毎年、熱中症で病院に運ばれる人が後を絶ちません。冬の寒さは服を着ることできますが、夏の暑さはどうすることもできないのが、辛いところです。1年中毛皮を身にまとっている犬は、人間以上に暑さに弱い動物なので、さらに、熱中症に気をつけなければなりません。

スポンサードリンク

犬は汗をかくことができない

そして、人間と犬では体の仕組みに大きな違いもあります。人間にも犬にも「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2種類の汗腺がありますが、人間の場合は汗が出るエクリン汗腺が、体中に分布しているので、夏の暑さや運動をすることで体温が上がると、体温を下げるために汗をかくようになっています。しかし、犬の場合は、足の裏のパットの部分にしかないので、いくら体温が上昇しても、汗をかくことができないのです。

犬は暑い時にどうしている?

犬は暑い時にどうしているかといえば、体中で汗をかく代わりに「パンティング」と呼ばれる、口を大きく開けて、「はぁはぁ」と呼吸をすることで、唾液の水分を蒸発させ、体温を下げています。パンティングでは人間ほどには、すぐに体の熱が下がらないので、人間と比べると、犬の方がずっと暑さには弱いということがわかります。一年中、毛皮を身につけ、人間のように汗をかくことができない犬は、人間よりも早く、熱中症にかかってしまいます。

どのくらいの気温から熱中症の危険がある?

sora

犬は気温が25℃を超えるあたりから、熱中症になる危険が出て来ますので、人間にとっては「まだまだ大丈夫!」と思える気温でも、特に湿度が高いときには、十分注意をしてあげる必要があります。夏の間のお散歩は日が出る前か、日が沈んでアスファルトの熱が冷めてからにしましょう。

犬の熱中症の症状確認

buldog

犬が熱中症になっているかどうかは、まず、犬の口元を見ます。犬は汗をかく代わりに、口を開けて「はぁはぁ」と呼吸をすることで、熱くなった体の熱を下げているので、呼吸が荒くなってきたら、体温が上昇している証拠で、熱中症の黄色信号です。

症状が現れたらなるべく涼しい場所へ

さらに、「はぁはぁ」という呼吸が荒く、激しくなってくれば、体温が限界近くまで上昇してきているので、なるべく早く、涼しい場所へ移動しなくてなりません。そのまま、高温の場所に居続けたり、歩き続けたりすれば、人間と同じように目がまわってきたり、嘔吐をしたり、さらには痙攣を起こしたり、意識を失い倒れてしまう場合もあります。

緊急時にはどうすればいい?

そうなってしまった場合は、一刻を争います。対処は人間と同じで、すぐに体を冷やさなければなりません。水があれば、水をかけてもいいですし、もし家に辿り着いたなら、クーラーの効いた部屋で、4本の足の脇の部分や首周りを冷やします。

とにかく体温を下げる処置を

動物病院に連れて行っても、結局は、まずは体を冷やすことをするので、病院に連れて行くために何も処置をしないよりも、まずは家で、とにかく体温を下げさせる処置をした方が、救命率はぐっと上がります。少し落ち着いてきたら、動物病院に連絡をし、その後の処置や病院に連れて行くタイミングなどを、しっかり獣医師に確認しましょう。

重度の熱中症は、命の危険もあります。動物病院に連れて行くことを焦るあまり、病院に着く前に急変してしまうこともあるので、まずは「とにかく冷やす」ことが大事です。

スポンサードリンク

熱中症対策に!犬の散歩には水を持参しましょう

犬のお散歩には必ず、犬が飲むための水を持って歩くようにしましょう。特に暑い夏の時期には、必須です。人間が汗をかくと喉が渇き、冷たい水が飲みたくなるように、犬も汗をかく代わりに、「はぁはぁ」と呼吸をしていると、人間以上に喉が渇いてしまいます。暑い時期は、いつも以上にこまめに、お水を飲むための休憩時間を設けてあげてください。

途中の自販機などで買うのもおすすめ

持って歩くのが重たい場合は、小銭を持ってお散歩に出るようにし、途中の自動販売機で冷たいお水を飼うのも、おススメです。とはいっても、これは以前私がやってしまったことなのですが、暑い夏の日、犬のお散歩に出かけた時のことです。いつも持っている犬のお散歩バックには、お散歩用にちょっとだけお金を入れてある小銭入れを入れてあるのですが、前日に出してしまい、それを忘れて、お散歩に出てしまったのです。私はお水を買おうと自動販売機の前に行ったときに、気づいたのでした。

犬もはぁはぁと暑そうな呼吸をしていますし、私自身も冷たいお水が飲みたかったので、オアシスに辿り着いたかと思ったのが、幻だったような感覚でした。しかし、そこはやはり、オアシスでした!ふっと見ると、その自動販売機は電子マネーに対応している自動販売機だったのです。私はスマートフォンに電子マネーが入っているので、幸運にも、無事にお水を買うことが出来たのでした。

最近は熱中症対策の服もある

犬用の熱中症対策グッズも販売されています。水分を保持する特殊なベストで散歩中も愛犬の体を涼しく保ってくれます。水に浸すだけの簡単仕様ですので、暑い夏場にはこういったグッズの活用もおすすめです。夏の散歩時にはワンちゃんも喜ぶでしょう。

まとめ

犬の熱中症対策について調べました。お散歩からの帰り道、全部の自動販売機を眺めながら歩いていたのですが、後にも先にも、電子マネーに対応していた自動販売機は、その自動販売機だけでしたので、本当にラッキーだったようです。数年前のことなので、今ではもう少し増えているかもしれませんが、やはり、犬のお散歩には多少の現金と、お水は持って歩いた方がよさそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*