犬に梨は与えても大丈夫な食べ物。アレルギーやあげすぎには注意!

最近は犬もペットという認識ではなくて、家族の一員という考え方をする人が増えています。人間のように服を着せたり、もし亡くなったときはお葬式をしたりします。他の家族と同じような待遇をして生活するという事が増えました。そして、そういう傾向があるペットは特に犬が多いです。

そのため、ドッグフードだけでなくて、人間が食べる食べ物を与える場合もたくさんあります。犬が人間と同じ食べ物を食べさせていいものはたくさんあるのですが、その中で梨は犬に食べさせても大丈夫なのかということを紹介します。

スポンサードリンク

犬に梨を与えても大丈夫な食べ物

nashi

まず、根本的に犬に梨は犬にあげても良い食べ物かどうかという事に関しては、アレルギーがなければ問題ありません。梨をあげる時は一気に与えずに、少しだけ与えてみてアレルギーが無いか確認しましょう。あげすぎは良くないので、たくさんあげても大丈夫というわけではないので注意してください。

梨はほとんど水分?栄養素について

梨は、90%近くが水分で出来ているので、水分補給にもなりますし、カリウムの利尿作用によって塩分の排出もしてくれるのでどちらかといえば身体には良いのです。また、食物繊維も含まれているので、便秘にも効果があります。その他、ビタミン類や鉄分などの栄養素もあるので梨は身体に良い食べ物なので、もし、犬が好むのなら食べさせてください。

与えて良い量の目安

また、一日にあげても良い量の目安は、一日20グラムを限度に皮をむいてあげてください。これ以上あげてしまうと、便がゆるくなったり、下痢をしてしまう事があるので注意が必要です。犬によっては、嘔吐してしまう場合もあります。そして、与えるときの注意店は、梨はどちらかといえば、消化しにくい食べ物になります。与える際は少量にして、細かく刻むかすりおろすかのどちらかにすると良いです。

スポンサードリンク

未熟梨は与えちゃダメ!

また、未熟梨はアミグダリンと呼ばれる青酸配糖体が含まれているので、これが体内で分解されると中毒を起こしてしまう可能性があるので未熟な梨は絶対に与えないでください。しかし、スーパーなどで購入した梨は熟したものが売っているので、心配はないのですが、自分で取ってきたものには注意が必要です。さらに、種にもアミグダリンが含まれているので、種も間違えて与えないようにしてください。

梨を与えるときの注意点

梨は消化が悪いので、皮はきちんと剥いてから与えましょう。このように、基本的に梨は、与えても大丈夫な食べ物です。栄養が良い食べ物なので、犬が食べてくれるのなら積極的に与えても良いです。しかし、与えすぎは逆効果になってしまうので、与えても良い量を守って与えるのが大事です。

まとめ

基本的には犬に人間の食べ物を与えたらダメというのは分かっていても、おねだりする姿を見るとついあげてしまいますね。我が家の犬もおねだり上手で梨やりんごは、よく与えていました。もちろんチョコなど与えたらダメなものはあげなかったですが、果物で言うと意外とぶどうはダメなので気をつけてくださいね。梨は犬が食べても大丈夫な食べ物ですが、あげすぎや与える際の注意点は守るようにして下さい。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*