しつけの基本、犬の「待て」「よし」の教え方。

犬をしつける方法はいろいろとあります。褒めて伸ばす方法、厳しいしつけをして、飼い主に忠実に従わせる方法、うまくできたら、おやつを与える方法などなど…。どのやり方も一長一短ですし、犬種の特性やその犬の個性によって、向き不向きがあります。

家庭で飼われるペットとしての犬でも、「おすわり」や「お手」だけでなく、「待て」「よし」のコマンドを、子犬のうちからきちんと教えてあげると、飼い主にとっても飼いやすく、お散歩などもラクになります。

犬にとって大好きなお散歩タイムでも、飼い主さんから「待て」の声がかかれば、その場でしっかり止まり、「よし」の合図が出たら、また歩き出すように教えてあげると、車との事故も避けることができ、大変有効です。

スポンサードリンク

犬に「待て」と「よし」を教えるには

「待て」と「よし」はどうやって教えたらよいのでしょうか。ペットとして家庭で飼われる犬の場合、できれば、おやつを与える方法は避けた方がよいでしょう。お散歩にあまり出ずに、ほとんどを室内で過ごす小型犬だったり、「お手」や「おまわり」など芸的な要素の強いものは、おやつをご褒美にしてもよいかもしれません。

信号待ちを活用した「待て」「よし」コマンドの教え方~実践~

横断歩道

まずは、信号を渡るときには、車の一時停止のように、「待て」のコマンドで、必ずピタッと止まるようにします。

次に、歩きだすタイミングは犬ではなく、絶対に飼い主が決めます。犬がそわそわしたり、勝手に歩きだそうとしたら、再度「待て」と言い、今度は少し長めに「待て」を続けさせます。

そして、「よし」の合図とともに、飼い主が先に歩き始めます。

さらに、信号待ちだけでなく、普通に歩いている道でも、「待て」「よし」を取り入れてみます。

いつも同じ場所ではなく、突然「待て」「よし」をやらせるようにすると、次第に、いつでも、どこでも、飼い主の「待て」「よし」のコマンドを聞けるようになっていきます。

「待て」と「よし」を覚えると盗み食い防止にも

この「待て」「よし」をしっかり教えておけば、万が一リードが離れてしまっても、慌てずに済みますし、おいしい食べものを前にしても、「待て」のコマンドがあれば、盗み食いすることなく、しっかり待つことができるようになります。

是非、「待て」「よし」のコマンドは教えてあげてくださいね。

しつけにおやつは使わないほうが良い理由

しかし、「待て」や「よし」のような、お散歩時には必須のコマンドや、お散歩の途中に「歩かない!」と駄々をこねている犬を、おやつで釣って歩かせようとする…などをすると、犬は頭の中が、おやつを食べることででいっぱいになってしまい、飼い主の言葉がほとんど耳に入らなくなってしまいます。そして、おやつ欲しさでしていることは、おやつが出ないときにはまったくしなくなり、言うことを聞かなくなってしまう場合があります。

まとめ

そうならないためにも、おやつなどエサで釣るのではなく、飼い主と犬との間にはきちんと信頼関係を結び、おやつがなくても、飼い主の言葉にいつも耳を傾けている犬になるように、しつけをしましょう。そうすれば、いつでも、どこでも、飼い主の期待に応えてくれる、とてもおりこうな犬になり、どこへでも安心して、一緒に連れていけるようになり、行動範囲も広がることでしょう!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*