ドッグカフェに愛犬を連れて行くときのマナー

最近では、愛犬と一緒にご飯を食べたり、お茶を飲むことができるお店が増えています。ドッグカフェのように、犬を連れてくる飼い主を中心とお店もあれば、犬を連れていても、一般のお客さんと一緒に過ごすことができる、犬連れが可能なお店、または、テラス席など特定の場所だけを犬連れに解放しているお店など、いろいろです。今回は愛犬をカフェに連れて行くときに気を付けたいポイントを紹介します。

スポンサードリンク

トイレマナーは大切です

どのお店を利用する場合でも、犬を連れて入る場合には、守らなければいけないマナーがあります。まずは、お店の中では絶対に排せつをさせないようにしましょう。特に雄犬でマーキングをしてしまう犬の場合、マナーベルトをさせるか、床を歩かせず、カートに乗せておくようにしましょう。お店で飲食しているお客さんが不快感じるので、お店の中だけでなく、お店の前などでも排せつさせないようにしましょう。

犬連れでないお客さんにも配慮を

また、犬連れ以外のお客さんがいるお店では、犬が苦手だったり、犬の毛にアレルギーを持っているお客さんがいる場合もあります。犬のブラッシングは絶対にやめましょう。たまに、テラス席でブラッシングをしている飼い主さんを目にしますが、犬の毛は遠くまでふわふわと飛びますし、やはり、食事をしている人には不快に映るものです。換毛シーズンで抜け毛が激しい場合には、洋服を着せてくるなどの配慮も必要です。

まとめ

その他に気を付けたい点としましては、人間用の食器などから犬に食べさせるのは、衛生的に好ましくないので、犬用のお皿や水飲みが必要であれば、自分で持って行くようにしましょう。お店のイスに犬を座らせていい場合もありますが、その場合も、必ずカフェマットの上に座らせるようにしましょう。犬を連れてお店に行く場合には、人間だけで行く時以上に、まわりへの気づかいを持つようにしたいものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*