夫が不妊の原因?男性の不妊治療の方法

不妊症と言う言葉が、重いと言う事で最近では未妊という言葉になったりしていますね。昔の人は、よく子供が出来ない人を100パーセント女が悪いなどと簡単に言ったりして、夫婦関係が悪化したり、偏見の目で見られるのはいつも女の方ですよね。変なプレッシャーを、義理の親にかけられたりされている方もいると思います。

ですが、タイミング法で子供が出来なかったら旦那さんの精子を調べる事になると思うのですが、これは旦那さんが病院に行って精子を取るのではなく、朝取ってもらってそれをケースに入れて奥さんが持って行くことでも対応できます。3分の1が女性に、3分の1が男性に、残りが原因不明なので結構旦那さんの精子に問題が見つかる場合があります。

スポンサードリンク

男性の不妊症の原因は?

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

不妊に悩むカップルの約3割は男性側に不妊原因があるといわれています。では男性不妊の原因にはどんなものがあるのでしょう。

精子の異常

精液1mlに対し、精子の数が2000万以下である「精子減少症」や精子が全く形成されていない「無精子症」、精子の数が正常の2倍以上あり固まったり精子同士がくっついている「精子過剰症」や精子に受精能力がない若しくは死滅してしまっている「精子死滅症」などを指します。

精子に異常をきたしてしまう原因としては停留睾丸や精索静脈瘤、クラインフェルター症候群やおたふく風邪による睾丸炎などが挙げられます。また、日常生活において過度の飲酒によりアルコールが体に残っている状態ですと精子が正常に形成されず精子が奇形になってしまう場合もあり、喫煙することで精子の数の減少や奇形、運動率の低下などを引き起こす原因ともなります。

精子通路障害

精子の通り道である精管や尿道が狭くなっていたり詰まってしまっていることで不妊の原因となってしまいます。精管や尿道が狭くなってしまったり詰まってしまう原因は、結核菌や淋病などに冒されたことによる炎症や生まれつき狭くなっている場合があります。

性交障害

勃起障害を始め性器の奇形や発育不全、外傷などにより性交が難しいことで妊娠につながらないケースもあります。勃起障害の場合、ストレスなどの精神的要因から引き起こされるケースも多くストレス解消はもちろんパートナーの理解がとても重要となってきます。

原因不明

器質的な障害は特にないのに、精子の異常や性交障害が起こる男性も少なくありません。生活環境や社会環境によるストレスや食生活、睡眠不足などが原因となり不妊症になっているケースもあります。

男性側に原因がある場合の不妊治療

不妊原因が男性側にある場合、どんな治療を行なっていくのでしょう。男性の不妊原因には、精子の異常や精子通路障害、性交障害などがあります。

精子異常の治療について

精子の異常の多くは、精子の数が少ない「精子減少症」や精子の運動率が悪い「精子無力症」、精子の数が少なく運動率も悪い「精子減少・無力症」であり一部の方には、精索静脈瘤や男性ホルモンの分泌異常、前立腺炎などはっきりとした原因により、精子の異常があるケースもあります。こうした原因が分かっている方に対しては、手術や薬物療法など原因を取り除く治療が有効です。

はっきりした原因がわからない場合は?

しかし精子に異常のある方の多くは、はっきりとした原因が分からず精子を形成する過程に異常のある「造精障害」だといわれています。造精障害の場合、有効的な治療法がなくビタミンB1や末梢循環改善剤、漢方薬を用いた薬物療法や人工授精、体外受精や顕微鏡受精が行なわれています。

女性側に原因がなくても?

女性側に不妊原因がない場合であっても、人工授精や体外受精、顕微鏡受精では薬で生理周期をコントロールしたり、卵胞の大きさや内膜の厚さを調べる為の経膣超音波検査、排卵誘発剤の飲み薬や注射、流産を予防する為の飲み薬や注射などを行ないます。

また体外受精や顕微鏡受精では、卵子を多く採卵する為に排卵誘発剤の注射や黄体ホルモンの服用及び注射、卵子を卵胞から取り出す採卵、受精卵を子宮に戻す胚移植など男性以上に女性の方が体に負担が掛かってしまうのも事実です。

ストレス解消や生活習慣の改善も必要

次に性交障害による男性不妊のケースですが、勃起障害(ED)に関してはバイアグラやシアリスといった治療薬を処方されます。また、膣内で射精することのできない射精障害の場合、マスターベーションにて精液を採取し人工授精することが可能です。性交障害の場合、仕事による過労やストレスなどが原因となっているケースも多く、ストレス解消の工夫や生活習慣の改善を行うことも効果的だといわれています。

まとめ

本当ならば、奥様が病院に行く時点で旦那さんも調べるのが一番の近道なのですが、なかなかすぐに旦那さんが調べる!と、言ってくれる人もいないかと思います。なのでせめて、自分が行かなくてもいいと言う選択をしてあげてください。

病院によりますが、その病院に調べる機械があるならばすぐに結果は教えて貰えますが、よそに出す場合などですと何日かかかる場合があります。そして、その結果旦那さんの精子の数が少ない、奇形が多い、運動率が悪い。などとなった場合、検査を受ける事を進められます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。