長寿祝いはそれぞれ何歳?(還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿)

長寿のお祝いとしてよく知られているのは還暦のお祝いですが、その他にも年齢に応じて様々な長寿のお祝いがあります。昔から長寿のお祝いは数え年でおこなったものですが、最近では満年齢でおこなうことが多くなりました。

現代の最初の長寿のお祝いは還暦のお祝いですが、60歳といえばまだ現役で働いている人も多く、本人も老人と思っていない人も多くいると思われます。

赤いちゃんちゃんこといった定番の還暦祝いを贈る風習もほとんどなくなりましたが、赤い色には魔除けの意味もあるので、旅行券とともに赤いマフラーや帽子 財布などの小物を贈るのも喜ばれると思います。

スポンサードリンク

還暦のお祝いに人気がある贈り物は?

・男女を問わず喜ばれる贈り物は、旅行券やお食事券のようです。
家族一同での記念のお食事会が理想とは言え、子供世代の都合もあるので、最近ではペアの旅行券などが人気があるようです。その他にも、男性にはお酒やグルメ食品など、女性にはバッグやアクセサリーなどが喜ばれるようです。また、ペアのパジャマや枕、高級バスタオルなどのお風呂グッズも人気があるようです。

・お祝い金としての目安は1万円から2万円くらいです。慶事用ののし袋に入れ、表書きには、「祝還暦」「寿還暦」などと書きます。下には贈る側の名前を書きますが合同で贈る場合は、「兄弟一同」「家族一同」などと記します。

スポンサードリンク

その他の長寿のお祝いはそれぞれ何歳?

・70歳 古希(こき):唐の詩人杜甫の「人生七十古代稀なり」に由来しています。
・77歳 喜寿(きじゅ):喜ぶという字のくずし字が七十七と読めるためです。
・80歳 傘寿(さんじゅ):傘のくずし文字が八と十を重ねた文字であるためです。
・88歳 米寿(べいじゅ):米の字をくずすと八、十、八になるためです。
・90歳 卒寿(そつじゅ):卆という旧漢字が九、十になるためです。
・99歳 白寿(はくじゅ):百から横線の一を取ると白になるためです。
・100歳 紀寿(きじゅ):一世紀を意味しています。
・108歳 茶寿(ちゃじゅ):茶の字が二十と八十八に分かれるためです。
・111歳 皇寿(こうじゅ):皇の字は99歳を表す白と十と二に分かれる王に分解でき、   
 99歳+12歳で112歳で111になることから付けられました。
・120歳 大還暦(だいかんれき):還暦の二倍を示します。

まとめ

かつては人生五十年と言われましたが長寿社会となりました。元気で長生きしたいとお年寄りは願っています。節目節目にささやかでも祝ってあげることが、生きていく励みになると思います。大げさでなく、子供や孫たちがお金を出し合ってお祝いをするとよいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*