和食と洋食のマナー。箸の作法とフレンチマナー

普段何気なくおこなっている和食の箸づかいや、洋食の基本的なマナーなどを今一度、ふり返ってみましょう。案外知っているようで知らないことも多く、いまさら人にも聞けないけないものです。職場での会食や友人との食事、恋人とのデートなどで恥をかかないために知っておきたい基本マナーを紹介します。

スポンサードリンク

和食のマナー~箸の作法と食事のマナー

和食の基本は箸づかいです。箸遣いのタブーは刺し箸、寄せ箸、ねぶり箸、迷い箸といわれています。

hashi

・刺し箸とは、箸を食べ物に突き刺して食べることです。
・寄せ箸とは、器を箸で引き寄せることです。
・ねぶり箸とは、箸先をなめることです。
・迷い箸とは、料理の上で何を食べようかと箸を迷わせることです。

*また、割り箸を使うときに箸を縦に持って左右に割るのも良くないと言われています。箸先を左に向けて横一文字にもって上下に割るのが正しい方法です。

食事を頂くときは、茶わんは左に持ちますが、刺身や焼き魚、てんぷらなどのお皿は持つのはタブーとされてます。天つゆの入った小鉢や小皿は持ってもかまいません。基本的に手のひらより大きなお皿は持ち上げないのが決まりごとのようです。碗物などの蓋付きの料理の場合は最初にすべての蓋を開けてからいただきます。

*どんぶりは持ち上げて食べるのが当たり前で、口を持って行くのはマナー違反です。

スポンサードリンク

洋食のマナー~フレンチの作法

french
洋食のマナーとして、イスから立ち上がるのも座るのも必ず左側からと決まっています。荷物は自分の席の右側の足元に置きます。着席したらナプキンを取って膝の上に広げます。

全部広げずに二つ折りにして、おり山を手前にしておきましょう、フルコースでは、パンはスープを飲み終わってから食べるようにします。スープの途中でパンが運ばれてきても、スープを飲みながらパンを食べるのはNGです。

フィンガーボールが出てきた場合は、エビなどの食べにくいものは手で食べてもかまいません。手は第二関節くらいまでを水で洗い、ナプキンで拭きます。

料理を食べ終わったら、フォークを上向きにしてナイフと揃えて、お皿の右側に斜めに置きます。食事を終えた後はナプキンをきれいにたたまずに、テーブルの上に置きます。

そうすることが、「たたみ忘れるほどおいしかった」という意味になります。

まとめ

あらたまった食事の場所では緊張しがちですが、ゆったりと楽しむことが大事です。特別に話題を作って会話をしようとすると、せっかくの食事も楽しめないことがあります。初デートやお見合いの席などの場合は、まずは食事を楽しむことが目的と思い、時々視線を合わせながら静かにいただくことで、相手に安心感を与えることになるでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*