節約暮らしのコツ。あいうえお健康法と三大巡り

お金をかけずに楽しく暮らすコツは、体と心が健康であることです。心と体は連動しているので、できる限り体を動かすと考え方もポジティブになります。収入は増えないのに税金は上がり、先行きの不安感は増すばかりですが、生活を工夫して楽しく節約しながら心と体を健康に保っていきましょう。

スポンサードリンク


 

あいうえお健康法でストレスを解消しましょう。

あ:朝日を浴びましょう。
 朝日を浴びると体にプラスのエネルギーが満ちてきます。

い:胃腸の調子を調えましょう。
 ストレッチ、ヨガ、ウオーキング、などで胃腸の調子を整えましょう。

う:運が良くなる心の掃除をしましょう。
 心のデトックスのためには、好きな音楽を聴いたり、歌を歌ったり、悲しい映画を見て思い切り泣くなどが効果的です。

え:笑顔は自分も周りの人も健康にします。
 何事も笑い飛ばしてしまいましょう。

お:怒りを抑える魔法の言葉を唱えましょう。

それは「ケ・サ・ラ」何事もなるようにしかならないのです。
健康な体と心があれば、医療費や薬代もいらず何よりの節約です。

地図の上での三大巡り

・三大温泉は静岡県の熱海温泉、和歌山県の白浜温泉、大分県の別府温泉です。
・三大祭りは京都の祇園祭、大阪の天神祭り、東京の神田祭です。
・三大巨桜は福島県の美春滝桜、岐阜県の淡墨桜、山梨県の神代桜です。
・三大城は熊本城、名古屋城、姫路城です。
・三大名園は兼六園、偕楽園、後楽園です。
・三大霊場は恐山、比叡山、高野山です。
・三大大仏は奈良の大仏、鎌倉の大仏、富山の大仏です。

旅ができなくても、地図やパンフレットなどを見るだけで十分楽しめ、行った気分になるから不思議です。しかし、節約上手さんはコツコツ貯めて使うときにはパッと使います。目的があればコツコツ節約してお金を貯めることができます。三年かけて三大桜を巡る旅を目標にするのも、楽しい節約のコツかもしれません。

節目を大切にした暮らしでメリハリのある節約をしましょう。

先人たちは一年を節目節目に五つの節句を祝ってきました。1月7日の七草、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕、9月9日の重陽の節句などに季節ごとにささやかなお祝いをすることで、日常の暮らしに少し変化がつきます。

お正月の7日に七草粥を食べるのは、胃腸の調子を整えるためです。1月15日の女正月は、お正月に忙しかった女性が小豆粥やぜんざいを食べて一息付きますが、それは小豆に疲労回復効果があるためと言われています。ハレの日は目先の変わった料理を作ることで、さほどお金をかけることなく食生活が豊かになります。

「節約暮らし」といえば暗くてみじめなイメージがするかも知れませんが、「節約暮らし」は、「優雅な暮らし」です。「節約もまた楽し」なのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*