結婚式招待状の返信マナーと結婚祝い金の相場

人生の門出をお祝いする結婚式は、お祝いする方もされる方も気持ちよく爽やかでありたいものです。祝福のための最低限のマナーを知っておくようにしましょう。

スポンサードリンク

招待状の返事は速やかに出しましょう。

招待状が届いたら、10日以内には返事を出すようにしましょう。それ以上遅くなったら、電話で出欠を知らせた上で葉書も返信しましょう。

返信のマナー

検討する女性

・返信用はがきの書き方は、表の○○行を二本線で消して、その横に様と書きます。
・出席の場合は御出席の御や御芳名の御の字などこちらへの敬語を二本線で消し、簡単なお祝いの言葉を書き添えましょう。

例えば、<ご結婚おめでとうございます。お招きいただきましてありがとうございます。
喜んで出席させていただきます。>などです。

・欠席の場合もこちらへの敬語は消し、簡単な理由を書き添えましょう。
例えば、<ご結婚おめでとうございます。当日はあいにくやむをえない所用がございまして残念ながらお祝いに伺えません。お幸せをお祈りしております>などです。

喪中の時は四十九日までは出席しないのが礼儀です。

欠席の葉書を出すときは、弔事や病気が理由でも「所用があり」とあいまいに書くのが、相手に対する思いやりです。昔は一周忌までは晴れがましい席は辞退したようですが、最近では先方が出席を望まれるようであれば出席しても問題はないようです。

スポンサードリンク

結婚祝い金の目安は?

女性

一般的な目安は、
・友人、知人、同僚なら2~3万円、部下なら3~5万円、兄弟、姉妹、姪、甥なら5~10万円、いとこなら3~5万円、孫なら5~10万円位が目安となりますが、地域によって異なるので親や知人に相談すると良いでしょう。

お祝い金は新札で、ご祝儀袋は金額に合ったものを用意しましょう

昔は偶数の金額は「割り切れる」と言って避けたものですが、現在では特に問題はないようです。ただ、4万円は「死」9万円は「苦」をイメージすることから控えた方が無難です。お祝い金は前もって分かっていることなので、新札を準備しましょう。また、金額に見合ったご祝儀袋を用意することも大事です。2万円までだとシンプルなものにし、高額だと紅白や金銀などを選び、上に結びあげた「結びきり」の水引を用います。結びきりとは、「結婚式は一度きり」という意味も現します。結婚祝いの場合は中包に金額、住所、氏名を書くようにしましょう。

結婚式に参列する際の装いの基本は?

・親族や媒酌人の場合男性なら洋服は昼はモーニング、夜はタキシード、着物のなら五つ紋の羽織袴とされています。女性の場合は洋服は昼はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレス、着物なら既婚者は五つ紋の黒留袖、未婚なら振袖とされています。一般の場合は男性ならブラックスーツに白いネクタイで、女性ならワンピースやスーツ、アンサンブルでよいでしょう。

*新郎や新婦より目立つ服やカジュアルすぎる素材、爬虫類のバッグなどは控えましょう。

当日は遅くとも15分前には受付を済ますようにしましょう。お祝い事はそれほど難しく考えることもありませんが、あくまでも新郎新婦が主役です。目立つ服装や失礼な発言には気をつけましょう。

まとめ

結婚式にまつわる基本マナーについてまとめました。やはりマナーは知らないと恥をかくことも多いですので、今回紹介したポイントは最低限抑えておくことが大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*