快眠できる!いびき防止対策グッズ人気ランキング

今まで気にしなったいびきですが、いざ、いびきをかく人の傍で寝ているとこんなに寝る事が出来ないものかと実感させられます。本人は全く気付かないで寝ているけど、周囲の人は一旦気になりだすと全く寝れなくなって寝不足になってしまいます。

そんな時行ってるのが、寝てる体勢を変えるといびきは一旦でも止まります。例えば、寝てる人の布団を少し動かすと本人も寝てる方向を変えたりして少しでも動きますが、そのなると少しの間でもいびきが止まるのです。

スポンサードリンク

しかし、これで朝までいびきをかかない場合もありますが、またかき始める事もあるので、ある意味かけのようなものであり根本的な解決にはなりません。

いびきの原因について知ろう

いびきは鼻が悪い人などがかきやすいとされていますが、息を吸う事で気管にも問題があるようです。いびきの原因には他にも肥満気味などの体型の問題や精神的なものまで関係しているようです。例えば、普段いびきをかかない人がかくと疲れているんだろうなっと感じる人が多いのではないでしょうか。

そんなストレスなどもいきびをかく大きな原因の一つなのです。いびきをかかない為にもまずは出来る事から始めてみると良いでしょう。枕の高さを変えてみる事により、上気道が狭くならないように自分に合った枕を選ぶようにしましょう。

いびきの防止・対策グッズをおすすめランキングで紹介!

ここではおすすめのいびき対策グッズを紹介していきます。

1位:いびき防止枕~自分に合った枕選びを

いびきの原因の多くは枕の高さがあっていないと言う方も多いと聞きます。まずは簡単に変えられる枕から始めてみてはいかがでしょうか。こちらのいびき防止枕は専門家の監修の元に作られた枕で、独自の三次元形状でしっかりと気道を開くことで、今までにはない良質な睡眠が実現します。対策グッズ初心者の方にもおすすめです。

2位:スージー~鼻腔を広げて呼吸を楽に

続いて鼻呼吸が苦手だという方におすすめなのがこちらのグッズです。装着するだけで鼻の通りがよくなるので呼吸が楽に。通気性が約1.5倍になるので心地よい睡眠が実現します。ついつい口呼吸をしてしまうと言う方におすすめです。

3位:スージーバンド~物理的に口呼吸を抑制

スージーなどのグッズを使っても、口呼吸が止められない・・・と言う方におすすめするのがこちらのグッズ。バンドを装着することで物理的に口が開くのを防ぐので、確実に鼻呼吸に導きます。他のグッズと比べて装着感があるのが玉にキズですが、強制的に鼻呼吸にしたい方には試して欲しいグッズです。

いびき対策グッズランキングより引用

いびきの原因には重大な病気が潜んでいることも・・・

women2

そして、いびきの原因に病気が潜んでいる場合があります。睡眠時無呼吸症候群や糖尿病などが挙げられます。時には酸素不足が続く事で心臓疾患や脳疾患を起こす事もあるので、気になる時は診察を受けると良いでしょう。

いびきは男性だけでなく女性もかくもの

いびきは男性だけでなく女性もかくのですが、女性の場合は50代になるとかく人が多いです。それは女性ホルモンの減少原因の一つでもありますが、それだけではありません。年齢が上がり更年期を迎える頃には脂肪も付きやすくなっていくのです。いびきは本人だけではなく周囲の人の体の不調や判断能力を低下させてしまう恐れがあるので、自分では気づきにくく周囲の人からは言いにくい事かもしれませんが、もし言われた誠意に受け止める事が大切です。

自宅で簡単にできるいびき対策の裏ワザ

グッズを使わずに簡単にできる方法をひとつ紹介します。酷いいびきの人に効果的な方法は背中にリュックを背負わせて寝る事で横向きになります。そうなるといびきをかかないのです。これは不思議ですが、実験で寝てる途中で凄いいびきをいくらかいていてもリュックを背負わせてまた寝させると一気にいびきが止まるのです。

まとめ

いびきは自覚症状がない方も多いですね。いびきを改善していくにはまず自分がいびきをかいていると言うことを自覚することが大切です。レコーダーで録音するのも良い方法ですね。また、いびきの原因を突き詰めて改善していく事が大切なのです。いびきグッズには寝る時だけ付ける口に入れるマウスピースや、今回紹介しました鼻に入れる鼻腔拡張グッズなどがあり、同じいびきでもいびきをかく原因が違ってくるのでそれに合った物を使うようにしましょう。

原因がイマイチ分からない人は色々試してみるのも良いのではないでしょうか。そして寝方も意識的に横向きで寝る習慣を付けるようにしましょう。これが先ほど挙げた対策の一つのリュック効果です。どうしても仰向けになってしまうという人は抱き枕などを利用すると効果があるかもしれません。いびきの解決には自分なりの方法を見つけていくことが大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*