焦げ付かないフライパンもある!材質で見る選び方

フライパンには様々な種類があります。どの様なポイントを重視して選ぶかで、フライパンの選び方も変わるでしょう。まずは、フライパンの大きさで選びましょう。フライパンには小さい物から大きな物まで有ります。フライパンの大きさは、家族構成、調理したい物によって代わります。一人暮らしの場合は小さい物から普通サイズの物で十分でしょう。家族が多くて一度にたくさんの物を調理する場合は、ある程度の大きさのフライパンが必要になりますよね。また、自宅のキッチンサイズの事も考えて、フライパンのサイズを検討しましょう。

次に、材質です。フライパンにはいくつもの材質があります。鉄や銅、アルミで作られたフライパンやステンレス製のフライパンなど、フライパンによって違いがあります。フライパンの材質によって、強度、熱耐久、使い易さが違います。また、焦げ付き易さも違ってくるでしょう。フライパンを素材で選ぶ方はとても多いでしょう。

最後にフライパンの用途です。フライパンを使った調理方法は、焼く、炒めるをはじめ、ゆでたり揚げたりと様々な用途がありますよね。普段、焼いたり炒めたりが多い方は普通位の深さのフライパンで良いでしょう。ゆでたり揚げたりもしたい方には少し深めのフライパンの方が良いかも知れませんね。調理用途によってもフライパンは変わって来るのです。この様に、フライパンには様々な大きさ、材質、用途があります。これらを検討しながら自分に合ったフライパンを選びましょう。

スポンサードリンク

フライパンの素材と特徴

フライパンには沢山の種類があります。ホームセンターなどに行くと、本当に沢山の種類のフライパンが並んでいますよね。そんなフライパンは材質によって特徴が違うのです。まずは、表面をテフロンなどで加工されたフライパンです。これらのフライパンは、表面がコーティングされているので、焦げが付き難いと言われています。しかし、高温や傷に弱い物が多いのです。家庭料理程度なら良いですが、煮込み料理や火力の高い料理などには向いていません。長期的に使うには余り向いていないでしょう。

鉄製フライパン

次に鉄製のフライパンです。鉄製のフライパンは、さまざまな料理に使い易いと言われています。また、熱もしっかりと通るフライパンなのです。しかし、主さがあり手入れも少し大変なものです。

ステンレス製フライパン

ステンレス製のフライパンは、丈夫で綺麗なフライパンが多いです。手入れも簡単にできますが、焦げ付きやすいので耐久性は余り無いでしょう。

アルミ製フライパン

アルミ製のフライパンは、軽くて使い易いと言われています。しかし、高温調理には無浮いておらず、酸やアルカリに弱いのでなかなか使い勝手が良く無いのでは無いでしょうか。

チタン製フライパン

チタン製のフライパンは軽くて丈夫で使い易いです。しかし、温度ムラが出来易いフライパンなので、調理をする事が難しいフライパンだと言われています。

この様に、フライパンには様々な材質の物があり、それぞれに特徴があります。実際に手に持って、特徴を見比べながら購入を検討して行きましょう。

焦げ付かないフライパンは?

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s
焦げ付かないフライパンはとても使い易いですよね。焦げ付かないと言うだけで料理には使い易いですし洗うのも楽で、長期間使う事が出来ますよね。焦げ付かないフライパンは様々な種類の物があります。

まずは、フッ素樹脂コーティングやセラミックコーティングのフライパンです。これらのフライパンは、フライパン表面がしっかりとコーティングされているので通常のフライパンよりも焦げ付き難いと言われています。勿論使い方次第ですが、汚れを落とし易いので長期間使う事が出来、焦げも付着しにくいでしょう。

しかし、こういった表面がコーティングされているフライパンでも使い方を誤れば、焦げが付いてしまいます。表面がしっかりとコーティングされているので、コーティングされている部分に汚れが残っていると、どうしても焦げに繋がるでしょう。元から洗い易く汚れが落とし易い物なので、フライパンを洗うときはしっかりと洗い汚れを落としましょう。

次に、鉄でできたフライパンです。鉄でできたフライパンも、焦げが付き難いと言われています。鉄でできたフライパンは、強い火力にも耐え、様々な料理に使う事が出来るでしょう。鉄でできたフライパンも、元々材質が強いので焦げが付き難いと言われています。使用後すぐにお湯で洗うように心掛ける事で、更に焦げが付着しにくく長く使う事が出来るのでは無いでしょうか。

この様に、焦げが付き難いフライパンにはそれぞれあった使い方があります。フライパンに合った洗い方をする事で更に焦げが付けずに使う事が出来るでしょう。

スポンサードリンク

鉄製のフライパンの特徴

鉄性のフライパンを愛用しているプロの料理人は多いと言われています。それ程、鉄製のフライパンは優れているのです。特に、中華鍋などの火力が大切な料理には鉄製のフライパンは欠かせません。鉄製のフライパンの一番のメリットは、熱伝導が良いという点なのです。しかし、逆に言うと料理を焦がしてしまい易いとも言えます。鉄製のフライパンは、とても火を通しやすいので、少し油断をすると料理が焦げる可能性も有るのです。その為、プロの方は使用していますが料理に慣れていない方には使いにくいと感じる方も居る層です。

また、鉄製のフライパンには、油をなじませる、と言う動作が必要になります。最近のフライパンは、油を使用しなくても良いフライパンも増えています。しかし、鉄製のフライパンは、最初にしっかりと油ならしを行う必要がります。油ならしを行う事で、料理の味がぐっと引き立つと言われています。この動作を行わなければ鉄製のフライパンをうまく使う事は出来ないでしょう。

鉄製のフライパンは、使い慣れるととても使い勝手の良い物です。他のフライパンよりも美味しい料理を作りやすいでしょう。しかし、慣れないうちは重く、熱を通しやすいので熱くて触れないと感じる方も居るそうです。そういった点が使いにくいと感じるかも知れません。鉄製フライパンを使うときは鉄製風の焦げ目の付き易さ、保湿力の高さ等を十分に生かして使うようにしましょう。使い方に慣れると、とても美味しい料理を作る事が出来るようになります。

テフロン加工のフライパンの特徴

テフロン加工のフライパンとは、表面にフッ素樹脂を塗ったフライパンの事を言います。フライパン本体はアルミやステンレスなど普通の素材ですが、表面にコーティングを施す事でより使い易くする事が出来るのです。テフロン加工のフライパンの表面に塗られているフッ素樹脂は、周りの物質とくっつく性質が弱いと言われています。その為、焦げや汚れが付着しにくく長期的に使う事が出来るのです。また、錆びないという点も有名ですよね。テフロン加工のフライパンは、水が付いたまま放置しても、錆びる事が無いと言われています。

また、もしテフロン加工のフライパン表面のフッ素樹脂がはがれた場合は、本来の素材のアルミ製フライパン、ステンレス製フライパンとして使う事が出来ると言われています。表面が剥がれ落ちても使い続ける事が出来るのです。テフロン加工のフライパンには様々な種類があります。テフロン可能のグレードと言う物があり、グレードによって持ちや材質、効果も異なるのです。

しかし、テフロン加工のフライパンにもいくつかのデメリットはあります。まずは、柔らかく傷付きやすいという点です。表面のテフロン加工はとても繊細な物です。その為、金属たわしなどで洗うとすぐに表面のフッ素樹脂が剥げてしまうでしょう。テフロン加工のフライパンはとても繊細な物で、場合によっては食洗機では洗う事が出来ない物もあるのです。その為、少し手入れには手間が掛かってしまうかも知れませんね。

ダイヤモンドコーティングのフライパン

ダイヤモンドコーティングのフライパンはとても使い易いと言われています。何故、ダイヤモンドコーティングのフライパンは評判が良いのでしょうか。まずは、料理がこびりつかずに洗い物が楽と言う点です。表面がダイヤモンドコーティングされているので、汚れがこびりつかないのが、ダイヤモンドコーティングフライパンの利点でしょう。こびりつきやすい料理を作ってもフライパンは綺麗なままなので、洗い物が楽だと評判が良いのです。餃子、卵料理などフライパンにこびりつきやすい料理でもさっと料理がはがれるので使い易いのです。

次に用途が豊富と言う点です。ダイヤモンドコーティングのフライパンはとても丈夫に出来ています。また、一言にダイヤモンドコーティングフライパンと言っても様々な種類があります。大きいもの、小さいもの、中華なべ用の物など、用途によって使い分ける事が出来ます。特に、中華なべ用のダイヤモンドコーティングフライパンはとても重宝すると言われています。中華なべ用の物は、大きさも十分で深さがあるので様々な料理に対応する事が出来ます。

揚げ物、炒め物、煮物など、家庭料理にはとても活躍する事が出来るでしょう。勿論ダイヤモンドコーティングされているので丈夫で使い易いく、洗うのも楽なのです。重さもそこまで重くないので女性の方でも使い易いのでは無いでしょうか。この様に、ダイヤモンドコーティングされている事でとても使い易いのです。フライパンを購入する時は、ダイヤモンドコーティングの物を選んでみてはどうでしょうか。

おすすめ高級フライパン4選

以上のようにフライパンは材質によって特徴があり目的に合わせて選ぶことが大切です。プロの料理人も愛用している、高級フライパンを4つ紹介します。通常のフライパンより値が張りますが品質がよく長い間使うことが出来ます。

魔法のフライパン


魔法のフライパンとは、焦げ付き難く熱効率が良く、一体型で丈夫で長持ちする事が出来ると評判のフライパンなのです。家庭で使うにはとても良いフライパンでしょう。しかし、魔法のフライパンは少し癖のあるフライパンのようです。魔法のフライパンを初めて使った方は、今までのフライパンと使い勝手が違い、中々馴染めないという方も多いそうです。それは、魔法のフライパンの熱効率の良さによる物なのでは無いでしょうか。魔法のフライパンは、とても熱効率が良いフライパンです。フライパンが薄く、すぐに熱が浸透するでしょう。その為、今までのフライパンと同じ様に使用していたらすぐに料理が焦げてしまったという方が多いのです。目を少し話したすきに、料理が焦げてしまったという方も居る層です。

熱伝導率がなんと3倍

魔法のフライパンは本当に熱効率が良いフライパンです。通常のフライパンよりも、熱伝導率が3倍とも言われています。その為、フライパンを使うときは目を離さずにしっかりと調理をしましょう。また、魔法のフライパンはとても軽く、油の馴染みがとても良いと言われています。フライパンが軽いという事は毎日使っても手首が疲れませんよね。そういった点が主婦の方にとても評判が良いのです。油の馴染みが良いという事で、少量の油でもしっかりと浸透し、低カロリーで料理をする事が出来ます。少ない油で調理をする事が出来るので、料理の味もぐんと良くなるでしょう。

ドイツ製フライパン~RUHRU




ドイツ製高級フライパンruhruという物をご存じでしょうか。使い易いと評判のフライパンなのです。そんなruhruのフライパンは、どの様な特徴があるのでしょうか。まずは、ruhruは油を使わなくても調理する事が可能です。表面にダイヤモンド、チタンと2種類のコーティングが施されているので、表面が油を吸収せず、食品も焦げ付かないのです。その為、油を使わなくてもしっかりと調理する事が出来るでしょう。
健康を考えた調理をする事が出来るのです。油を使わない事で、素材の味をそのまましっかりと生かした調理をする事が出来ます。

洗い易いのが便利

次に、洗い易いと言う事です。表面がしっかりとコーティングされ、油を吸わないruhruのフライパンは、表面に油を残す事が有りません。その為、洗剤や水で洗う時間も短縮する事が出来ます。ruhruのフライパンはさっと簡単に洗う事が出来るのです。

抜群の熱伝導率

また、ruhruのフライパンは熱をしっかりと通す事が出来ます。フライパンの厚さが十分あるので、食材に均一に火を通す事が出来ます。その為、料理が苦手な方でもムラなくしっかりと調理をする事が出来ます。魚、肉などしっかりと全体を焼く必要がある物でも生焼けする事なく全体を均一に火を通す事が出来るでしょう。この様に、ruhruのフライパンはとても使い易いフライパンなのです。種類も深鍋や直火用、IH用などいろいろと選ぶ事が出来るので自分にあったフライパンを選ぶ事が出来るでしょう。

スイスダイヤモンド


スイスダイヤモンドの高級フライパン、と言う物をご存じでしょうか。スイスダイヤモンドの高級フライパンは、本物のダイヤモンドでコーティングされているフライパンなのです。フライパンの表面には、天然のダイヤモンドを使用しています。その為、しっかりと熱を伝える事が出来、素材を痛めずに短時間で調理をする事を可能にしました。約1カラットのダイヤモンドがしっかりと熱を伝達するので、短時間でも惜しく、しっかりとした触感の料理を味わう事が出来るフライパンなのです。

こびりつかない性質を持つフライパン

また、ダイヤモンドは食品などがこびりつかない性質があります。その為、スイスダイヤモンドの高級フライパンはフライパン表面に焦げや汚れがこびりつかないと言われています。その為、長期間使う事が出来得るフライパンでしょう。スイスダイヤモンドの高級フライパンは、有名シェフ、料理人などが実際に使用している程良いと言われているフライパンなのです。

様々な調理に使う事が出来、商品展開もとても豊富です。IH対応のフライパンも有りますし、ソテーパン、ソースパンもあります。ソテーパンやソースパンを使う事で、短時間でお米を炊く事も出来ると言われています。大きさの種類も豊富で使い勝手も良いので、自分に合ったフライパンを選ぶ事が出来るでしょう。毎日使う物だからこそ、良い物を使いたいと思いませんか。フライパンの購入に悩んでいるのなら、スイスダイヤモンドの高級フライパンをお奨めします。

ティファールのフライパン


ティファールは調理器具の中でも有名なブランドです。ティファールのフライパンを使用している方も多いのでは無いでしょうか。ティファールは幅広いラインナップのとても種類が豊富です。フライパンだけでは無く、圧力鍋、キッチン家電なども多いでしょう。ティファールのフライパンの中でも特に評判の良い物についていくつか紹介いたします。まずは、IHでも気軽に調理をする事が出来るIH対応のフライパンです。

ティファールフライパンのココがすごい!

チタンプロコーティングされて安心の耐久性、優れた熱伝導性でしっかりと調理をする事が出来ます。ガス、セラミックヒーター、ハロゲンヒーターなど様々な形態に使用が可能で、フライパンの大きさも豊富に取り揃えています。また、ティファールのフライパンの中には、ティファール特許のインテグラル底面と言う物があります。これは、熱を素早くむらなく全体に広げる事が出来るフライパンの技術なのです。このインテグラル底面を使う事で、食事を短時間でしっかりと作る事が出来ると言われています。ティファールのフライパンは、このインテグラル底面を搭載したものが殆どです。その為あんしんして調理をする事が出来ますね。

ティファールはフライパンの種類、大きさ、素材がとても豊富です。信頼のおけるブランドなので、フライパンに悩んだらティファールのフライパンを購入するという方も多いのでは無いでしょうか。どの商品もとても高性能で使い易いと評判なのが、ティファールのフライパンなのです。

まとめ

一口にフライパンといってもたくさんの種類が存在します。材質によって特徴がありますので目的に合ったフライパンを選ぶことが大切です。良い道具は長く使えますので普段から料理をよくされるという方は高級フライパンも検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*