必須科目になったヒップホップダンス。そのダイエット効果に注目!

ダイエットに効果があるダンスといえばエアロビクスやヨガダンスなどを思い浮かべますが、もっと人前でお披露目できて、踊りながら楽しめるダンスでダイエットしてみたい、と思いませんか。最近の流行のヒップホップダンスでもダイエット効果があるのをご存知でしょうか。アメリカで生まれたヒップホップダンスですが、今では日本でも需要が増えています。その理由の一つに中学校の保健体育の時間にヒップホップダンスが必須科目になったことが大きいです。

日本はそれまであまり教育にダンスを取り入れることの無いお国柄でした、そのせいで踊りを踊るということが苦手な民族でもあったのです。でも、中学校の授業に取り入れられたのを機に、ヒップホップダンススクールに通う生徒が大いに増えたとのことです。

スポンサードリンク

学校側でダンスインストラクターを雇うことも

72b78a929b779a51cefb159dfd3e6217_s
学校側のほうでも、教える教師自体がヒップホップダンスを踊ったことが無い人ばかりで、指導できる状況に無いのを不安に思い、自治体で講習会を行い練習したり、自らも街のダンススクールへ通う教師も後を断たない状態だということです。一部の学校では教師だけでは不安に思い、ダンスインストラクターを雇って生徒を教えることにして、体育教師はアシスタントとしてサポートに周るところも出ています。

授業内容としては基本のステップを習っていき、ダンスになれるところから始めます。授業の後半になるとヒップホップの曲をかけて何人かの班に分かれて曲を踊り発表させるまでを行ないます。メインとなる振り付けはダンスインストラクターが指導して、生徒達は班の中で一人リーダーを決めて、リーダーを中心に一人一人の踊りのフォーメーションを決めて、練習して行きます。最後に順番にダンスの発表となるのですが、結果、まだ習いたてではたどたどしい踊りであるのは当然です。

けれど、最後まで踊りきることが第一歩で、しかも複数の仲間と一体感を持って踊りを楽しむことが出来れば、ヒップホップダンスの授業としては成功といえます。

ヒップホップダンスのダイエット効果

ヒップホップダンスといえば、ストリートダンスの集大成ともいえるダンスで基本ステップはあるものの各個人でそれぞれ自分自身のダンススタイルを完成させていく、独立性の高いダンスです。そんな話を聞くと、あまりにもレベルが高くて素人ダンサーでは無理だと思われますが、ヒップホップダンスは素人であっても最初から楽しく始めることが出来るダンスです。

元々はストリートから生まれたヒップホップダンスですから、誰でも出来るダンス、並外れた運動神経や技術や技を持っていない人でも踊れています。ヒップホップダンスがダイエットに向いているといえるのは、軽快なヒップホップの音楽にあわせて踊っていると楽しく感じてあっという間に時間が過ぎて行くからです。常に体を動かして有酸素運動に近く、特に下半身の動きが激しいダンススタイルなのでダイエット効果が大いに期待できるのです。

本来ダイエットとは苦しいものと考えられてきました、激しく辛い運動で自分を追い詰めていくことで初めて効果が現れる、そういったものでした。けれど、ヒップホップダンスによるダイエットは違います。音楽にあわせて踊っていると気持ちが高揚して疲れを忘れて長い時間でも踊り続けてしまいます。しかも普段の生活では使わない筋肉を動かすので自然と消費カロリーも大きいのです。でも、ヒップホップダンスを踊ったからと言っていきなり体重が減る効果は期待しないほうが賢明です。

ダンスによるダイエット効果は筋肉を作ることと、代謝を増やすことです。筋肉は脂肪よりも重いため、一時的に体重が増えることがあります。けれど筋肉も消費するので長い期間ヒップホップダンスを趣味としてやっていると段々とダイエット効果が現れてきます。

参考:ヒップホップダンスの基本 | 初心者でも短期で上達

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*