二日酔い対策サプリ!エカス(ekas)で翌日回復

飲みすぎた時の二日酔い!20歳になったらお酒のお誘いも増えますし、忘年会や新年会のシーズンだと飲み会があっても週末じゃなかったり、次の日に仕事や学校があると本当に困りますよね。

飲み会だと楽しくてつい飲みすぎて・・・「飲みすぎで頭が痛い」「朝から気持ちが悪い」など翌日に支障をきたすことも多いですよね。そのせいで翌日を気にしすぎて純粋に飲み会を楽しめない方もいると思います。

そんな時におすすめしたい、二日酔いを翌日スッキリ回復させる、飲みすぎ対策サプリエカス(ekas)をご存知でしょうか?

スポンサードリンク

そもそも二日酔いはどうしてなる?

アルコールは体内にはいると「アセトアルデヒド」になり、これが顔を赤くしたり、頭痛や吐き気を起こしたりします。また二日酔いはアルコールが体から抜けていくときの離脱症状として起こると言われています。二日酔いの主な症状としては吐き気を催す方が多いのではないでしょうか。その他の症状としては、アルコールを摂取すると胃酸過多になります。その為人によっては胃酸過多で唾液が止まらなくなるといった症状が出ることがあります。アルコールに弱い人ほど悪酔いしたり、これらの症状が出やすくなります。(参考:ヘルスケア大学

またアルコールによって起こる様々な症状をフラッシング反応と言います。フラッシング反応とは「ビールコップ1杯程度の少量の飲酒で起きる、顔面紅潮・吐き気・動悸・眠気・頭痛などの反応をフラッシング反応といい、この体質のひとをフラッシャーと呼びます。」(引用:eヘルスネット)アセトアルデヒドが急激に溜まるとフラッシング反応が起きやすいため、アセトアルデヒドの分解能力が低い人に起きやすいです。

アルコールは時間で体内から抜けていく

一般的には体重が重い人ほどアルコールが抜けるのにかかる時間が短いです。例としては体重60Kgの人がビール500ml飲んだ場合で、約3時間弱の時間が必要です。ビール一本でもこれだけの時間が必要なので、飲みすぎた場合はさらに多くの時間が必要になります。飲みすぎの場合翌日までアルコールが残ってしまうこともあるのです。

二日酔い対策にはま水分補給を

women-2

二日酔い対策の基本は水分補給です。アルコールを摂取すると利尿作用から体内の水分が排出されてしまいます。体内の水分が減ると脱水症状が起こるので、まずは水分補給が大切なのです。脱水症状は喉の渇きのほか、睡眠障害、疲労など多くの症状を伴うので水分補給をしっかりすることでこれらの症状を軽減できます。また水をたくさん飲むことで代謝が活発になり、血中のアセトアルデヒド濃度を下げる効果もあります。水と合わせてアルコール分解を早めるドリンクやサプリを同時に摂るのも良いでしょう。

どうしても吐き気がひどい時は吐くと楽になる?

吐くと楽になるという話はよく聞くのではないでしょうか?確かに吐くことによって胃の中が空になることで胃の消化の負担が減ると考えられます。ところが吐くと良いというのは間違いで、嘔吐した際には食べたり飲んだりしたものだけではなく、胃の消化液も含まれます。この消化液が食道にダメージを与えてしまうのです。ですので吐き気がひどい時はゆっくり休み、無理に吐くという行為は避けたほうがいいでしょう。

二日酔いも翌日回復!飲みすぎ対策サプリ「エカス」って?

二日酔い・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】

エカスは飲み物と一緒に飲んでおく事で、二日酔いの原因となる、アルコール分解の際に発生する「アセトアルデヒド」の代謝を促し、二日酔いの症状を軽くしてくれます。アルコールに弱くあまりお酒が飲めないけど、付き合いでどうしても飲まないといけない時はあると思います。そんな時に活躍するのがこちらのサプリ、専門家との共同研究で作られたサプリメントですので生活習慣病対策の栄養成分も配合で健康にも配慮されています。急な合コンや飲み会が入っても二日酔いに悩まず翌日スッキリ回復したいという方におすすめのサプリです。

特許取得成分配合 二日酔い・飲み過ぎ対策サプリ「エカス(ekas)」はこちら

エカスの代表的な成分について

特許取得成分アルコケア、コメコサノール、ケンポナシエキス末を配合したアルコール代謝をサポートして二日酔い防止をコンセプトとしたサプリメントです。近年の科学に基き処方されたヘルスケア素材で翌日の快適さをサポートします。アセトアルデヒドの代謝を促進するので分解能力が低い人でもフラッシング反応を軽くしてくれる効果があります。

人によって違うアルコールの分解能力

アルコールの分解能力は遺伝によって決まると言われています。アルコール分解能力の高い人がお酒に強く、低い人はお酒に弱いということです。特に日本人は遺伝的にアルコール分解能力が低い方が多いと言われています。日本人の約40%がお酒に弱い、もしくは飲めない人達で、最近では付き合いなどでも無理に飲まされることも少なくなり、若者のアルコール離れも言われるようになりました。アルコールは飲むほど強くなると聞いたことがあるかもしれませんが、遺伝的に分解能力は決まっているので、慣れで強くなったりということはありませんので無理して飲まないようにしましょう。

パーティ

自分のアルコール分解能力を知る方法

自分がお酒に強いのか、弱いのかを知る方法で一番確実な方法は爪などを送ることで検査機関にアルコール感受性遺伝子を調べてもらうことです。最近では簡単に検査できるキットも販売されているので、そちらを活用するといいでしょう。また簡易的に調べる方法としてはアルコールパッチテストが有名です。このテストは市販の消毒用アルコールを、2~3滴しみこませ上腕の内側に貼り、数分後肌の色の変化を見るテストです。この時肌の色に変化がなければお酒に強い体質で、肌の色が赤くなった場合、お酒に弱い体質です。お酒を飲まなくても判断できるので未成年者でもお酒の強さがわかる方法です。(参考:アルコールパッチテスト

エカス(ekas)はこんな方におすすめ!

・二日酔い・飲み過ぎで翌日が気になる方へ
・忘年会・新年会など、付き合いの多い方や翌日すっきり回復して過ごしたい方へ
・お酒に弱いという方、すぐにベロンベロンになってしまい困っている方へ
・生活習慣対策に対応した栄養成分も配合されているので、毎日の健康もサポート
・オシャレなパッケージのサプリメントですので、女性も気軽に飲むことができます

二日酔いでも翌日元気!「エカス(ekas)」はこちら

まとめ

20歳になったばかりだとつい飲みすぎてしまうかもしれませんが、初めてお酒を飲むときは少しづつ飲むように心がけ、自分のアルコールの強さを把握して限界を超えないようにしましょう。急性アルコール中毒は非常に恐ろしいですので、一気飲みなどの危険行為は絶対に止めるべきです。

特に社会人の方は先輩や上司の誘いなど断れない機会も多いと思います。アルコールが少し入ると気分が良くなるので、やはり集まってお酒を飲むのは楽しいものだと思いますが、お酒に弱い方は、悪酔いして吐き気など気分が悪くなったり、翌日の二日酔い悩まされるかもしれません。そんな時は今回紹介した二日酔い対策サプリのエカスを飲み会の際に飲んでみてください。翌日もスッキリ元気回復するので急な飲み会には大変おすすめです。事前に二日酔い対策をしっかりすることで、朝からの気持ち悪いにおさらばしましょう!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*