冬休みに家族みんなで楽しめるDVD10選

もうすぐ冬休み!ご家族でウィンタースポーツを楽しむのもいいですが、暖かい家でそろってDVDを観賞してゆっくり過ごすのも素敵ですよね。お子さんたちとの共通の話題ができるのもいいものです。

そこで今回は幼稚園から小学生くらいのお子さんと楽しめるDVDを10個ご紹介します!甥っ子や姪っ子が遊びに来たときにもあると喜ばれますよ^^

スポンサードリンク

冬休みにちびっ子が喜ぶDVD10選!

①ホームアローン(Home Alone)

言わずと知れた作品です。クリスマス休暇に一人残された大家族の末っ子が、家に忍び込んで来ようとする泥棒をあの手この手で騙して撃退しようとするのですが…という簡単な粗筋です。後にシリーズ4作が世に出るほどの一本目と合ってテンポが良く笑える作品です。時期もクリスマスということなので冬に見るにはぴったりな作品ですね。是非お子さんと笑いながら見てはいかがでしょう?

②ハリーポッターと賢者の石

こちらも有名な作品ですね。父母をなくし、叔母夫婦と同じ年の従兄に虐げられながらも暮らしていた主人公に一通の不思議な手紙が届くところから物語は始まります。原作の小説7巻がすべて映画化されたこの作品。小さなお子さんなら最初からゆっくり成長に合わせて見るのも良いかもしれませんね。家族で一緒に主人公と不思議な魔法の世界に旅立ってみてはどうでしょうか

③ナイトミュージアム

シリーズ化されている作品が続きます。妻と離婚し、息子を養うために就いた自然史博物館の夜の警備の仕事。でもこの博物館の夜はちょっと違う?歴史上に有名な人や物がコミカルに動き出して主人公と博物館内で大冒険する物語。 お子さんたちだけではなく大人も楽しめる作品ですよ。見た後に似たような展示物がある博物館に行けば子供の興味も倍増ですね!

④サウンドオブミュージック

ちょっと大きめのお子さんたちと見る映画にいかがでしょうか?主人公は自由奔放な修道女、彼女はひょんなことから軍人のシングルファザー・トラップ大佐の 子供たちの家庭教師を頼まれます。軍隊式に育てられていた子供たちに彼女は歌を教え始めて……。映画の中で出てくる曲のほとんどが有名で聞き覚えがあるはずです。時代背景はナチスドイツが台頭し始める頃で家族や異性への愛など様々な要素が盛り込まれた作品となってます。もしお子さんが宿題で作文を書かなきゃいけない時にぴったりかも?

⑤Disney’s クリスマス・キャロル

小説「クリスマス・キャロル」をディズニーが提供した作品です。舞台は19世紀のロンドン。クリスマス・イブに嫌われ者の老人が、かつての仕事の相棒マーレイの幽霊の出現を皮切りに 精霊たちと時空を超える人生の旅へと連れ出されることでクリスマスの意味をしることになる。という物語。ファンタジーでありながらも何か大切なものを思い出させてくれる一本。家族でクリスマスを祝う前に観賞してみてはいかがですか?

⑥モンスターズ・インク

ディズニーの人気作。子どもたちを怖がらせて、その悲鳴を集めるモンスター株式会社のNO.1の主人公が、迷い込んできた女の子と大騒ぎ! モンスターである主人公と相棒が人間の女の子と関わりながら やがて女の子を守るようになる…。というあらすじです。ディズニーの作品らしく愛とファンタジーがつまった作品です。小さいお子さんも一風変わった容姿の主人公たちにくぎ付けです。

⑦ふなっしーの南極大冒険!~世界ベスト・オブ・映像ショー 頂上リサーチ

ふなっしー好きで動物好きなお子さんがいる人には是非おすすめです!ふなっしーがテレビ番組の一環で南極大陸を大冒険しながら紹介します!最も厳しい極寒の地ならではの美しい光景をふなっしーのハイテンションボイスと共にいかがでしょう?物語ではないため、途中で止めることができるのも良いところですね。

⑧ペンギン・シアター 南極大陸からの贈り物 Penguin Theater

ふなっしーはちょっと…という方でもペンギン好きならこれがおすすめです。可愛いペンギンがこれでもか!と映されている一本です。ペンギン好きによるペンギン好きのための一本。ペンギンの生態を素敵な音楽と綺麗な景色を交えて紹介してくれます。休憩を挟みながら子供たちとペンギンではしゃいではどうでしょうか?

⑨美女と野獣

ディズニープリンセス大好きなお子様がいらっしゃるなら、美女と野獣はいかがでしょう?本好きの主人公が野獣が住むという城に迷い込んでしまうことから物語が始まります。優しさとは何かを知る、良いストーリーですよ。3Dが主流となっているディズニーですが2Dでも素晴らしい音楽と綺麗な画は圧巻です。お子さんに優しいお姫様に育ってほしい方、いかがですか?

⑩おまえうまそうだな

人気の絵本シリーズを映画化した作品。草食恐竜のお母さんに育てられた肉食恐竜のハートが主人公。偶然自らの出自を知ってしまい姿を消します。そして立派な肉食恐竜に成長したハートは…。という導入文で思い当たる方も多いのではないのでしょうか。単純な話ですが大人の方が号泣したという感想が多数あります。絵本って侮りがたいものですよね。映画を見た後に一緒に絵本を読むのもいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?DVDも品ぞろえがよくなって色々なジャンルがありますよね。お子さんが見たいDVDがあればそれが一番でしょうが、もしよろしければ参考になさってくださいね。暖かい良い冬休みをご家族ですごされますように!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。