困った2歳児の偏食。野菜を食べない時の苦手克服法

野菜が嫌いな子供に手を焼くお母さんは多いはず。野菜でしか取れない栄養を2歳のうちから摂取させたいのに食べたがらない。だから、食べさせないわけにもいかないし、子供のうちからサプリを飲ませるなんて考えられない。どうせなら楽しく野菜を食べられるような子に育ってほしいですよね。

お子さんがいる家庭では野菜を食べさせようと思ってもなかなか思ったように野菜を食べてくれなくて困っているという人も多いと思います。そういう人にどういう風にしての2歳の子供に野菜嫌いを克服したら良いのかというと、それには無理に野菜の味が分かる状態で食べさせないのが重要になってきます。

なぜなら、子供が野菜を嫌いになってしまう一番の原因は野菜の素材の味がそのまま分かる状態で食べさせるのが原因で嫌いになってしまうからです。ですから、小さいお子さんに野菜嫌いを克服をさせようと思うなら野菜も実は美味しいという事を認識させるのが大事です。

スポンサードリンク

野菜嫌い克服の基本は野菜料理

そのために何をしたら良いのかというと、一番良いのは野菜料理も手を抜かずに野菜の栄養がたっぷり凝縮された料理でも野菜の本来の苦みや強い酸味を他の調味料や食材を使って上手く消すのが良いです。そういう野菜料理をお子さんに食べさせていればそのお子さんの野菜が苦手だという意識も次第になくなっていきます。

野菜

それどころか子供のうちに美味しい野菜を料理を食べさせておけば思った以上に簡単に野菜嫌いを克服できるようになります。ただ、そのためには世の中のお母さん達が小さいお子さんでも食べれる野菜料理を作る必要があります。

2歳児のイヤイヤへの対応法

2歳というと、「魔の2歳児」と異名があるほどで、ちょうど自己主張、イヤイヤがでてくる時期ですよね。また、味覚が発達して、食べ物の味もよりわかってくる頃なので、よけいに好き嫌いが激しくなる時期でもあります。その時期ならではの克服法を考えてみたいと思います。

まずは、単純にイヤイヤへの対応。何を言ってもイヤなのであれば、「食べないなら、〇〇ちゃんのおかずもらっちゃおう!これもこれも~」ともらっちゃいます。「イヤ~!」と取り返しにきたら、すかさずお口に入れちゃってみてはどうでしょう。

2歳児

自己主張が激しいのは、自分でしたい!自分はこうなりたい!という自意識の表れでもあります。なので「自分で食べれないなら食べさせてあげようか?」と、ちょっと赤ちゃん扱いしてみたり、(甘えん坊さんは、案外それで食べてくれるかもしれません)「お野菜食べたら強くなるよ~!かっこいいよ!」と自意識をくすぐってみたり。また、ファンタジーを信じている時期なので、「食べてくれないと、お野菜が泣いてる…」と悲しそうに言ってみたら、食べてくれるかもしれません。

苦手を克服する野菜料理の工夫法

味覚がわかってきて、急にお野菜嫌いになった子は、調理法で工夫してみましょう。王道は、細かく刻んだりすりおろしたりする方法ですが、これは見た目もわかりにくいだけでなく、くさみや苦みを軽減するという効果もあります。また、野菜を切るときに、例えば繊維が噛みやすいよう切ったりなど、向きを考えて切ってみて下さい。

きのこ類などぬめりが苦手な子は、湯でぬめりを洗いおとして。細かい配慮で、食べやすくなりますよ。薄切りして素揚げし、おやつ感覚で野菜に慣れてもらうのもおすすめです。そうして、成長とともにだんだん野菜本来の味にも慣れてくれるといいですね!

2歳児には無理強いしすぎない姿勢も大切

2歳ともなればもう食べ物の好みは出始める頃です。美味しいまずいといった感覚も芽生え、好きなものは残さず食べたり嫌いなものは絶対に手を出さなかったり。でもふとした時に今まで食べなかったものを食べたりするのもよくあることです。食べるときの雰囲気も楽しくする工夫は大事ですが、無理強いするほどでもないと考えています。どうしてもその食べ物からしか栄養素が摂れないものは本来少なく、食感や臭いが苦手のものを2歳のうちから克服するのは難しいこともあります。

women1-9

嫌いなら嫌いと言える、そしてそれを無理強いしない姿勢も大事かと思います。食べ物への興味がある場合は、本やおもちゃで食べ物を一緒に覚えていくと食事のときの会話にも繋がります。実際に野菜を手にとって見て、色や形を覚えてから料理すると覚えたての野菜を食べることで楽しさも広がります。また味付けも、離乳食の薄味から少しずつしっかりとした味付けのものを増やしていくと食べやすくなります。

ぼんやりした味ではなく、調味料も増やして味のバリエーションを変えていくこともメリハリができて雰囲気も変わると思います。時にはまったく食べなくても、健康で笑っていれば栄養は足りてると考え、嫌いなものを克服するというより好きなものを増やすという発想に変えてみるのもいいかもしれません。

子供は親の表情をよく見ています

子供はいつでも親の表情を読み取っています。無意識にでも野菜を食べるときに嫌な顔をしたり、子供に野菜を食べさせるときに怒ったりすると、野菜って嫌なものなんだと思い込んでしまうんです。親が与える子供への影響ってすごいんです。親の接し方次第で子供は野菜嫌いにもなりますし、ベジタリアンにだってなれるんです。

子供

もし、こどもが野菜を食べるのを嫌がったら、あなたが子供の顔を見ながらにこにこと野菜を全部食べましょう。そうすれば「食べなさい!」なんていわなくても子供は自然と野菜を食べたがるようになるんです。子供が一番ほしいのは「機嫌のいい母親」だとよく言われます。押さえつけたり怒鳴ることは子供のその後の人生に大きな傷跡を残してしまいます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*