お見合い時の服装と会話の注意点とは?

お見合いサービスを実際に利用した場合ですが、気になるのがお見合いをする時に服装です。お見合いはフォーマルな場になりますので、相手に対して失礼のないような服装を心がけていくことがどうしても必要になります。

スポンサードリンク

男性の服装は基本的にスーツ

男性
まずは男性の服装ですが、スーツとネクタイというもので間違いはありません。相談所によってはスーツ着用が義務付けられているところもあります。ただし、あまりに地味な格好ではいけませんし、派手なもの過ぎてもいけません。バランスというものを取っていくといいでしょう。どういった服装で行ったらいいのか分からない場合には、紳士服店の方で、スタッフの方にきて決めていただくといいでしょう。かなり参考になる服装選びをしていただけるはずです。

女性の服装は清楚感が大事

ママ友
一方で、女性の方の服装選びについてなのですが、まずは肌の露出が控えめということが重要になります。あまり露出が多いと相手の親御さんなどから不評を買ってしまうことがあります。そして服のほうですが、ワンピースやスーツなどが基本となります。そちらの服を着ていけば特に問題はないと思っていただいて間違いはありません。

男性と女性のお見合いの服装について述べてきましたが、お見合いというものですので、それほど堅苦しくする必要はありません。それとないおしゃれというものを心がけましょう。

お見合いでのお話のコツ

ではその話すということですが、言葉のキャッチボールというものをしていけるようにまずはしていきましょう。お相手にばかり話させてもいけません。そしてこちらばかり話してしまってもいけないのです。上手い具合にキャッチボールしていけるようにしていかなければいけないのです。

好印象を与える会話の基本中の基本

ヒント
また基本的な事ですが、話をする時ですが相手の目をしっかりと見ていくということが重要です。相手の目を見て話さないと、相手の方に信頼できない人物であると判定されてしまうこともあるのです。そして最初にまずは自分の名前をはっきりと伝えます。そして笑顔で挨拶をするのです。以上の点は基本中の基本です。しかし、それを確実に行っていくことを意識しておくことで、ものすごく相手と話しやすい環境が作れるようにもなります。

そして話すことですが、相手に質問をいろいろとされることもあるでしょう。その時には、「はい、いいえ」でストップするようなことはやめましょう。それから先も話していけるようにするのです。「はい」や「いいえ」に少し肉付けを行っていくことが重要です。そうすることで、圧倒的に話が広がっていきます。

また、話に詰まってしまうこともあるでしょう。そういった時の解決法ですが、趣味といったものや特技などについて聞いてみたり離してみるといいでしょう。中に共通するものがありますと、一気に話も広がっていく可能性があります。また仕事関連の話もよろしいでしょう。どういった職場に勤めていてどのような仕事をしているのかを伝えると、人物像をしっかりと伝えることにもつながります。以上がお見合いでお話しする時のコツになります。参考にしていくとよろしいのではないでしょうか。

お相手がイメージがと違ったら?

悩む女性
結婚相手を探していくために、重要視していかなければいけないのがお見合いというものです。お見合いは効率のよい出会いとなっています。双方ともに、結婚相手を探していくことができるものになっていますので、
注目をしてみるべきでしょう。もしもいまの状態で結婚ができないのでしたら、お見合いをしっかりと活用していくべきではないでしょうか。

そのお見合いですがどうしようもないのが、イメージと違った相手が来てしまうということです。容姿というものもあるのですが、話してみてイメージが違うというものもあるのです。そういった時にどうしたらいいのかということを、お見合いを利用する前に知っておくべきでしょう。

その場では笑顔で対応しましょう

そこでその場合ですが、当たり前ですが態度に出たりはしないようにしましょう。顔にももちろん出してしまってはいけません。相手に失礼になってしまいます。そういった大人の対応ができないのでしたら、結婚相談所のほうから新しい方を紹介していただけなくなることもあります。お見合いですが、もしもイメージが違っても油断は禁物です。

そもそも態度に出すような必要はありません。お見合いをした後に結婚相談所に対しまして、お断りをお願いすればいいだけです。それ自体はしても失礼にあたりません。自分だってそのようにされることもあるのです。しかし、面と向かって断られるような態度は、あまりよろしいものではありませんので、控えるようにしていくことがお勧めであるわけです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*