味みそは福島県のご飯のおとも

味噌は日本古来の伝統食ですが、昔から「味噌は医者いらず」と言われており、美容や健康に効果があります。福島の味噌は濃厚な旨味と甘みがあり、味噌の香りが強いのが特徴です。100%福島産のお米を使った様々な美味しい味噌は、食べくらべをする価値がありそうです。

スポンサードリンク

福島の味みそ色々

・大葉味噌
大葉味噌は、甘めの会津味噌に刻んだ唐辛子と大葉がよく合ったピリ辛の調理味噌です。
あったかご飯に乗せたり、ゆでたオクラなどと和えると美味しくいただけます。

・ねぎ味噌
郡山市の曲がりねぎを材料としたねぎ味噌はねぎのもつ柔らかさや甘さ、風味の良さが生かされた味みそです。焼きおにぎりなどのほかに、野菜に絡めるだけで美味しくいただけますが、フライパンなどで焼いたねぎにねぎ味噌をつけて食べるとねぎの美味しさがさらに増します。

・にんにく味噌
にんにくと味噌の相性は抜群で、キーマカレーに入れたり、キャベツのざく切りをさっと炒めてにんにく味噌をからめると美味しくいただけます。

・ゆず味噌
ゆず味噌はお菓子の材料としても適しており、蒸しパンやクッキーに入れても合います。

・肉味噌
国産の豚肉、たまねぎ、にんにく、ラー油などが主原料ですが、たまねぎ炒めて入れるとコクがでて美味しくいただけます。

味噌パワーについて

・みその健康効果
味噌汁を毎日飲むと、大豆に含まれるイソフラボンが乳がんを予防するようです。
その上、味噌の植物性乳酸菌が腸内環境を整えて、便秘の解消や有害物質の排出に有効と言われています。

・味噌の美容効果
味噌には抗酸化作用があり、老化や免疫力を低下させる活性酸素を抑制する働きがあります。
また、味噌の成分の遊離リノール酸はメラニンの合成を抑えるため、シミやソバカスを予防し美白効果があると言われています。

まとめ

福島の味噌は米、大豆、塩、水ともに県内の材料で作られており、国産農林水産品利用部門で農林水産省を受賞した日本の中でも有名な味噌です。日本人の腸には、ヨーグルトなどより昔ながらの製法で作られた味噌の植物性乳酸菌が、一番適しているとも言われています。今、味噌は古くて新しい調味料として注目されています。

各種のあじ味噌は炒めものや和え物に、おにぎりにと時短料理に適しており忙しい現代人にとっては最適なお助け食材です。味噌と言えばおじいちゃんやおばぁちゃんの食べ物といったイメージでしたが、世界遺産に和食が登録されてからは世界的に味噌の人気が上がったようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*