旅行

京セラドームの座席の違いとビスタルーム

京セラドーム大阪は大阪にある野球場です。時には京セラドームはアーティストのコンサートにも利用されます。京セラドーム大阪は野球観戦時には36000人収容、アーティストのコンサートでの利用時には最大55000人収容できます。とても大きな会場です。場所によってはスタンド席でも、ステージから遠くなってしまうことがあります。座席表で確認してみましょう。

続きを読む

京セラドームへのアクセス!電車、車での行き方

京セラドームは2006年7月1日からネーミングライツ・パートナーシップ契約により大阪ドームから名称をかえました。ユニークなデザインが特徴的な、日本で3番目に完成したドームです。オリックス・バッファローズの本拠地でもあります。

芝のパイルの間にゴムチップが埋め込まれている天然芝に近い人工芝がしかれています。野球だけでなく、サッカーやアメリカンフットボール、ラクビーなどのスポーツにも使用することが出来ます。

続きを読む

ナゴヤドームの座席の違い(スタンド・アリーナ・プライムシート)

ナゴヤドームは愛知県名古屋市にあります。ナゴヤドームは通常は野球場ですので、円形になっています。座席表を見るとスタンド席も円形になっています。座席表でスタンド席の右側半分は一塁側(ライト側)、左側半分は三塁側(レフト側)になります。スタンド席は通常野球観戦の際に使う固定の席です。

ナゴヤドームのスタンド席はそれぞれ1~3階と5階があります。1塁側の通路は11~28、51~61、3塁側の通路は31~48、71~81です。チケットを見ると指定された座席に一番近い通路が書いてありますので、その通路から入るとスムーズに入ることができます。

続きを読む

大阪から京都へ!電車で行く4つの方法と有名観光地

大阪と京都、どちらもショッピングや歴史遺産で魅力的な都市ですよね。しかも距離的にも近い!やろうと思えば一日でハシゴすることも可能ですし、1泊2日でそれぞれ1日ずつまわれば大満足!そんな大阪-京都間ですが、用途で行く方法にバリエーションがあります。今回は大阪から京都へ電車で行く方法をちょっとまとめてみましょう。

続きを読む

上海のおすすめ観光スポット3選

「海外旅行」というのは、いつも、いつの時代でも、私たちの胸を高鳴らせるものです。ただ、「ヨーロッパに行きたい!」「アメリカに足をのばしたい!」と思ったとしても、「そんなに長期間、仕事の休みはとれない……」「それほどの金銭的余裕はない……」「子どももまだ小さいから、長時間のフライトには耐えられそうにない……」と頭を抱える人も多いのでないでしょうか。

そこでここでは、気軽に手軽に足を伸ばすことができて、しかも異国情緒をたっぷり味わえる、中華人民共和国(以下「中国」)の上海の観光スポットについてお伝えします!

続きを読む