旅行

京セラドームの広さと収容人数は?施設も色々あります。

京セラドームを東京ドームと比べてみると、東京ドームの狭さが分かります。東京ドームはドームの中では一番狭いです。両方とも両翼100m、中堅122mと一般的なドーム球場のスペックです。

フェンスの高さが東京ドームは4m、京セラドームは4,2mと京セラドームの方が高いです。東京ドームは右左中間が狭いです。

コンサート時の収容人数は東京ドームが46000人強で、京セラドームは約55000人です。京セラドームは野球場としてはスタンドが高くなっています。危険性や不具合が指摘されています。

他のドーム球場に比べるとまた外野席の条件は一番悪いです。コンサート会場としては優秀と言えますが、下段内野席や上段の最前列が球場中心部に近くなっていて、球場全体がコンパクトにまとまっています。

名古屋ドームと京セラドームは同じ時期に出来ていますので、スペックはほぼ同じだと言われています。名古屋ドームと比べてもコンパクトな造りになっています。

続きを読む

福岡博多観光なら、ヤフオクドーム、キャナルシティ、どんたくがおすすめ!

日常生活のチマチマしたせせこましい世間から休暇のあいだだけでも逃れたい。そんな願いをかなえてくれるのが福岡は博多です。非日常の夢の空間と時間をかなえてくれるのが、「ヤフードーム」、「キャナルシティ」、そして「どんたく」です。

ヤフオクドームは中世のコロシアムをイメージした野球場ですが、コンサートやイベントなど夢の空間となります。円形に取り囲んだグラウンドの中では、アスリートたちの死闘が、アーティストたちの夢が繰り広げられます。

続きを読む

ナゴヤドームのイベントやコンサート

ナゴヤドームは中部地方最大の屋内コンサート会場です。ナゴヤドームでは様々なアーティストがコンサートを行っています。札幌、東京、大阪、福岡とともに5大ドームツアーと称されることが多いです。公演回数が絞られる場合には地理的な問題で、名古屋で開催されないこともあります。

続きを読む

札幌ドームへのアクセス。シャトルバス、車、電車での行き方

札幌ドームは株式会社札幌ドームによって運営されています。1993年FIFAワールドカップ大会国内開催候補地の決定したため、札幌市がドーム化を決定しました。1998年に着工されました。1999年には札幌ドーム条例が制定され、2001年6月に開業となりました。

スタンドの固定客席数は41484人で、最大収容人数は53738人です。札幌ドームは地上4階、地下2階の建物です。高さ53mの展望台があります。敷地面積は305230㎡で、屋内アリーナ、オープンアリーナの他に屋外サッカー練習場が2面あります。屋外サッカー練習場のうち1面は人工芝で、1面は天然芝です。

続きを読む

ナゴヤドームへの行き方!電車、車、飛行機で

ナゴヤドームは株式会社ナゴヤドームによって運営されています。着工は1994年8月で、竣工式は1997年3月12日です。毎年400万人前後の人を動員しています。客席は38500席あり、40500人収容することができます。敷地面積は104447㎡あります。容積は170万(うちアリーナは125万)です。高さは66.9mあります。また耐震設計になっており、東海地方で予想されている地震規模の1.5倍まで耐えられるようになっています。

続きを読む

札幌ドームで野球観戦!日本ハムファイターズを応援しよう

札幌ドームで野球観戦をすることができます。札幌ドームは北海道日本ハムファイターズの本拠地です。サッカー観戦とは座席表が異なります。通常、プロ野球の場合ホームチームが1塁側を使用しますが、北海道日本ハムファイターズの場合は3塁側をベンチとして使用します。

サッカー競技場で見た場合メインスタンドから見て左側をホームチームが使うので、監督室やロッカーなどの設備がより整っているためです。また3塁側の方がスコアボードが見やすいこと、地下鉄の駅から近いことも理由です。

続きを読む

ナゴヤドームで野球観戦!中日ドラゴンズを応援しよう

ナゴヤドームを本拠地として使用している中日ドラゴンズは親会社が新聞社でライバル関係にある巨人だけには勝つという、巨人だけに主眼を置いて野球をしてきた一面があります。そのためか、2位になることが非常に多い球団です。1950年に2リーグ制になり、61シーズンありましたが、2位に23回なっています。明治大学の出身者が多く、応援スタイルやユニフォームが似ているところがあります。

続きを読む

ヤフオクドームの座席の種類とシーズンシート

ヤフオクドームで楽しいのは野球観戦だけではありません。歌手やアイドルのコンサートも行なわれているのです。そういったコンサート時の座席表は、通常の野球観戦の場合と違っています。

コンサートでは、通常の観客席に加えて、アリーナ席とよばれるステージに近いスペシャルなシートが用意されているのです。ステージやバックステージ、花道や移動通路といったコンサート用の会場設置に合わせて、座席も作られています。

続きを読む