ペット

犬の熱中症対策は?服など清涼グッズもおすすめ

温暖化現象のおかげで、今や亜熱帯のようになった東京の夏。毎年、熱中症で病院に運ばれる人が後を絶ちません。冬の寒さは服を着ることできますが、夏の暑さはどうすることもできないのが、辛いところです。1年中毛皮を身にまとっている犬は、人間以上に暑さに弱い動物なので、さらに、熱中症に気をつけなければなりません。

続きを読む

犬を飼う時は雄か雌どっちがいいの?

犬を飼う場合、雄犬がいいか、雌犬がいいか悩むのではないかと思います。雄犬でも雌犬でもかわいいことには違いがありませんが、やはり性差によっての違いはあり、一生行動の違いとなって出て来ます。雄犬と雌犬それぞれの特徴について調べました。

続きを読む

犬のチョコレート中毒は死ぬこともある?少量だと大丈夫?

犬が食べると危険だと言われている食べものが、いくつかあります。その中の一つに、チョコレート類が挙げられます。「玉ねぎ中毒」と同じで、なぜ人間がチョコレートを食べても平気なのに、犬が食べると危険なのでしょうか。これもやはり、「量」の問題があるようです。チョコレートの場合は、「テオブロミン」というカカオに含まれている成分が中毒の原因となるようです。

続きを読む

犬がたまねぎを食べてしまった!少量だと大丈夫?

犬が食べると危険だと言われている食べものが、いくつかあります。その中の一つに、玉ねぎなどのネギ類が挙げられます。なぜ、人間は玉ねぎを食べても平気なのに、犬が食べると危険なのでしょうか。これには「量」の問題があるようです。一般的にたまねぎは犬に与えてはダメな食べ物として知られているため大量にあげてしまうことは少ないと思いますが、どのくらいの量でたまねぎ中毒の危険があるのか調べました。

続きを読む

犬はスイカを食べても大丈夫!熱中症対策にも。

夏の風物詩と言えばスイカですね。人が食べると美味しく健康にも良いスイカですが、犬に与えても大丈夫なんです。気温の高い夏場の熱中対策として、スイカは実に合理的な食べ物です。熱を下げ、頭痛や吐き気という熱中症の症状を予防することができます。熱くて食欲がない夏場には、栄養価満点のスイカは非常に食べやすいものです。

続きを読む

犬はブルーベリーを食べても大丈夫!目に良い効果も

犬には与えてよい食べ物と、そうでない食べ物があります。与えてはいけない食べ物の代表例は、たまねぎやチョコレート、ぶどうが挙げられます。ブルーベリーは、一見ぶどうの仲間のように思えますが、ツツジ科に属する果実のため、与えることができる食べ物です。ブルーベリーの持つ栄養素や犬への影響について調べました。

続きを読む

犬は柿を食べても大丈夫!免疫力UP効果も。

犬に柿をあげても大丈夫です。柿は他の果物よりも格段にビタミンCの量を多く含みます。そのビタミンCは実に免疫力を高め、風邪の菌から体を守る抵抗力も高めることができます。近頃、どうも鼻水を垂らしては風邪をひきやすくなったなと思う犬に与えたり、冬場に適度に食べさせることで風邪予防に役立てることができます。

続きを読む

犬に梨は与えても大丈夫な食べ物。アレルギーやあげすぎには注意!

最近は犬もペットという認識ではなくて、家族の一員という考え方をする人が増えています。人間のように服を着せたり、もし亡くなったときはお葬式をしたりします。他の家族と同じような待遇をして生活するという事が増えました。そして、そういう傾向があるペットは特に犬が多いです。

そのため、ドッグフードだけでなくて、人間が食べる食べ物を与える場合もたくさんあります。犬が人間と同じ食べ物を食べさせていいものはたくさんあるのですが、その中で梨は犬に食べさせても大丈夫なのかということを紹介します。

続きを読む

犬にぶどうやレーズンはダメ!実は与えていけない食べ物です

犬は古来より人間の良きパートナーとしてとても縁の深い動物です。現在でもその関係性は変わっておらず、人間を助け安らぎを与えてくれるかけがえのない存在です。そんな犬の魅力に惹かれて、家族として迎え入れている人も多いのではないでしょうか。大切な家族である愛犬にいつまでも健康でいて貰うためにも、普段から飼い主が食事内容に気を配る必要があります。

犬の食事と言えばドッグフードがその割合のほとんどを占めると思いますが、おやつとして野菜や果物などを与えている人も多いと思います。野菜や果物はヘルシーなイメージがあるので、何となくビーフジャーキーやビスケットなどの犬用おやつに比べれば健康に良いのではないかと考えがちです。しかし、そんな良いイメージの野菜や果物の中にも、犬に与えてはいけないものが含まれています。

続きを読む