多汗症の原因と代表的な改善法3つ

多汗症の原因は様々です。その中の一つとして、精神的なものが原因となることもあります。汗を多くかくこと自体は、代謝をアップすることなので、とても良いことです。しかし、「人並み以上に汗をかいている」と感じることで不安感を感じ更に汗をかくことに繋がります。多汗症は、精神的なことが原因で自律神経が乱れ、余計に汗を多くかいていると感じるようになるのです。

スポンサードリンク

多汗症の原因

ase2

この他にも、多汗症の原因はあります。多汗症は、精神性発汗によって引き起こされる場合もあります。精神性発汗とは、エクリン腺によって汗を異常にかくことをいいます。精神性発汗では、主に手のひらや背中などに汗を多くかくため、人目につきやすいのが特徴です。人目につきやすいことから、汗をかいている人自身も「周りに迷惑をかけてるのではないか?」と不安になります。その不安が更に精神性発汗の症状を増幅させる原因ともなるのです。

緊張しやすいことも要因とされています

また、多汗症の原因は、緊張しやすいことも一因とされています。人は緊張することで、交感神経が働きます。緊張しすぎると交感神経が敏感になりますので、緊張をして発汗することにつながります。交感神経の異常で起こる多汗症は、人前でのスピーチや会議などでの発表の場で緊張しやすい人に多いようです。

女性の多汗症の原因について

女性の場合は、更年期障害が切っ掛けで多汗症に発展する場合があります。この場合は、女性ホルモンが減少して、発汗を抑制する「エストロゲン」というホルモンが減少するのが原因とされています。また、「甲状腺機能亢進症」も多汗症になる原因と言われています。「甲状腺機能亢進症」は、女性に多くみられる病気です。この場合は、甲状腺ホルモンが増加して全身に発汗がみられます。これは、基礎代謝があがるため、全身の発汗が現れ、多汗症の原因となります。

スポンサードリンク

多汗症改善の3つの方法

point2

多汗症は、実は多くの人がその症状に悩まされています。症状を改善したいのは、あなただけではありません。多汗症を改善する方法は、いくつかあります。どんな方法があるのか見ていきましょう。

①制汗剤

一つ目は、制汗剤で多汗症を改善する方法です。最近は、制汗剤の中でも銀イオンが含まれているものが沢山出回っています。ドラッグストアや日用品売り場でなどで販売されており簡単に手が入りますので、手軽に多汗症を改善することができます。

②薬物療法

二つ目は薬物療法です。多汗症は精神科や心療内科、皮膚科などで診てもらうことができます。症状によっては、診察時に精神安定剤や抗不安剤などを処方されることがあります。これらのお薬を飲んで、多汗症を改善することができる場合があります。

③病院での診察

三つ目は、診察による方法です。多汗症は精神的な不安が原因の場合があります。その場合は、精神科や診療内科などで診察してもらうことも出来ますので、お薦めです。精神的なものが原因の場合は、診察時に心の不安を取り除くことで、症状が改善していくことがあります。

多汗症の手術も存在する

この他、手術で多汗症を改善する方法もあります。手術で多汗症を改善する場合は、交感神経をブロックすることで改善すると言われています。特に、手のひらの汗を止める場合は、胸部交感神経を遮断する手術を行います。しかし、この方法は、手のひらや足の裏の汗には効果がありますが、その分、他の箇所に汗が出る可能性もあります。多汗症の改善のために手術をする場合は、担当医師とよく相談して決めると良いでしょう。

まとめ

このように多汗症を改善する方法は沢山あります。
あなたにあった方法で改善していくと良いでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*