肌が綺麗になりたい人に!知っておきたいスキンケアの基本

美肌作りのためにはお肌の仕組みを知ることが大切です。肌はいくつもの層で構成されています。大きく別けると「表皮」「真皮」「皮下組織」の三つに分類することができます。それぞれの役割について紹介します。

まず表皮ですが、外界からの刺激をガードする働きがあります。例えば紫外線などの侵入を食い止めているのも表皮の働きです。そんな表皮の一番上の層を、角質層と呼んでいます。顔を洗顔する際によく「強くこすってはいけない」という言葉を良く聞きますが、これは表皮の中にある角質層を保護する必要があるからです。この角質層は非常にデリケートなので、ちょっと強くこするだけで肌が傷ついてしまいます。

ならば洗わなければいいのでは?と思われそうですが、デリケートな角質膜の上にある「皮脂膜」があるので洗顔が必要になります。この皮脂膜があることで、肌の潤いが保たれますが、逆に多すぎるとニキビや吹き出物の原因になってしまうことがあります。バランスが大切なので洗顔などを利用して、皮脂膜のバランスを調整しましょう。

スポンサードリンク

続いて「真皮」ですが、真皮は水分を保持する役割があります。また老廃物の排出を行うなど、新陳代謝をつかさどる役割があります。最後に皮下組織は肌の一番最下層にある組織で、主に皮下脂肪で構成されています。この皮下組織は真皮と接続する働きがありますが、加齢と共にその力が弱まってしまい垂れ下がると「タルミ」の原因となってしまうケースもあります。

表情筋肉を鍛えることで、この「タルミ」を防止できます。肌の仕組みを知ることで、それぞれの組織に対して効果的なケアをすることができるので、時々肌の組織を意識してみましょう。

美肌づくりの基本は保水と保湿

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

ピチピチした肌を手に入れたい人に欠かせないのが保水と保湿です。具体的に紹介すると化粧水などを付ける行為が保水です。その後、クリームや乳液などを付ける行為が保湿になります。この保湿を行うことで、肌に吸収させた水分を逃がさない働きになります。

保水を頑張る人は多いのですが、この保湿を怠る人が意外に多いのが現実です。高い化粧水を使っているのに乾燥肌に悩まされると言う人は、保湿も頑張ってみましょう。そんな保湿方法をご紹介します。

保湿のコツ

まず乳液を手のひらに取りましょう。ちょっと温めると肌に吸収されやすくなります。その乳液を顔全体に優しく押し込むようにして塗ります。ポイントは優しく塗るという点。保湿層は非常に薄いので、ゴリゴリ塗りこんだら傷ついてしまい、意味がなくなってしまいます。

中にはコットンなどを使って保水、保湿をされる方も居ますが、コットンの生地に含まれる繊維質が肌を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。又、「乳液はベトベトするから嫌だ」という方もいるかもしれません。

確かにオイリー肌の人の場合、付けすぎると良くないかもしれません。自分の肌の状態を正しく把握することも美肌には欠かせません。毎日、化粧を落とすために洗顔し、決まった量の美容液を塗るのではなく、鏡を見て、自分の肌の状態をチェックしてみましょう。同じ人の肌でも季節やその日の状態によって、肌の状態は大きく変わります。化粧水の量や乳液の量などを肌の状態に合わせて使うことで、より簡単に美肌を得ることができるのです。

美容の大敵しわ対策!

美容の大敵と言っても過言ではないのがシワではないでしょうか?若い頃は肌質を気にしていましたが、加齢と共にシワが気になる人も多いでしょう。このシワの最大の原因は水分不足、と言われています。ただ、一時的な乾燥が原因でできるシワは改善もしやすいので保湿を行いましょう。特に冬場など乾燥しやすいシーズンは注意が必要です。放っておくと、シワとして定着してしまうことがあるので、シッカリケアをしましょう。ケア方法としては丁寧な洗顔が大切です。

化粧などが綺麗に落とせていないと、毛穴の中に老廃物が詰まっている状態です。この状態でいくら水分を補給をしても吸収することができないので、意味が無くなってしまいます。続いて化粧水で水分を補給しましょう。

ただ注意したいのは、化粧水だけで終わらせてはいけないということです。化粧水を使った後は、必ず乳液で化粧水の水分が揮発してしまうのを防ぎましょう。特に乾燥がひどい時は保湿系のパックなどを使っても良いかもしれません。

しわ対策にはパックも有効

最近は色々な種類のパックが出ているので、気分に合わせてパックを使い分けることも可能です。また、一時的な乾燥ではなく表情ジワが原因でシワができてしまうことがあります。表情ジワは怒ったり、笑ったりすることで皮膚に溝が出来てしまいます。

加齢に伴い、この表情ジワができやすいのは、年齢と共に皮膚の水分量が減ってしまうからなのです。ただ、出てしまう水分を補給してあげればシワは薄くなりますのでケアを行いましょう。まだ20代だから大丈夫!なんてタカをくくっていると恐ろしいことになりかねません。是非、丁寧に保水保湿を行い、若々しい肌を手に入れましょう。

たるみの原因と対策

シワと共に美容の大敵なのが「たるみ」です。たるみ一つで実年齢より老けてしまう可能性があります。たるみの原因は大きく別けて二つあります。一つは水分不足によるたるみです。皮膚の中に水分が少なくなってしまい、張りが失われるのでたるみが出来てしまうのです。

この場合は丁寧な保水保湿を行いましょう。比較的改善しやすいのでお勧めです。ただ、中にはいくら保湿してもたるみが改善されない、という人もいるでしょう。そんな人は水分不足が原因ではなく、表情筋の衰えによって、たるみが生じてしまっている可能性があります。これが二つ目の原因になります。

感情を出すとたるみは改善する

感情を表に出して思いっきり笑ったり、怒ったりする人はたるみが少ないと言われています。というのも顔の筋肉、表情筋が衰えてしまうと顔の皮膚を支える力が弱くなってしまい、たるみが発生してしまうのです。そのため大きく口を開けて表情筋の動きを意識しつつ「あ・お・う・い・え・い」と動かすと良いでしょう。

声楽などをされている方も音階に合わせて、このように口を動かして、準備運動をされます。カラオケなどに行って表情筋を意識しつつ歌ってもよいかもしれません。感情を表に出すのが得意という人は思いっきり笑ってみましょう。お笑いのライブや落語を見に行くとよいでしょう。楽しく表情筋が鍛えられるので非常にお勧めです。たるみを改善することで、若々しい印象を与えることができます。ただ、たるみの改善は比較的簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

肌の潤いに欠かせない「コラーゲン」

ドラッグストアに行くと、化粧品でも食べ物でも「コラーゲン」「コラーゲン」とコラーゲンが含まれている商品が多数存在します。では、そもそも何故、コラーゲンが必要なのでしょう。実はコラーゲンは組織と組織を繋ぐ働きがあります。ところが年齢と共にコラーゲンは失われてしまうので、タルミが出来てしまったり、シワが出来てしまったりするのです。

小じわなどが気になりだしたら、コラーゲンは欠かせません。ただコラーゲンを食べるとなると「すっぽん」などのちょっと変わった食べ物を食べなければいけない、と思われている方も多いと思います。

実は簡単に取れるコラーゲン

ところが、最近は様々な形でコラーゲンを体に取り入れることが可能になっています。例えばドリンクタイプのコラーゲンなどがあります。ドラッグストアなどで簡単に購入することができ、味もピーチやアップルなど飲みやすい味にアレンジされていますので非常に飲みやすいです。お値段も「すっぽん」を食べるよりかなり安価です。

ただ一本当たり200円前後するので、毎日飲むのは…とためらわれる方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には粉末タイプがお勧めです。食事や飲み物などに混ぜて飲めば、ほとんど味がしません。携帯するのも簡単なので、職場や旅先などでも簡単に摂取することができるのが、この粉末タイプの良い点です。自分に合った方法でコラーゲンを毎日の生活に補給しましょう。

もうひとつ欠かせないのがヒアルロン酸

コラーゲンと共に肌の潤いに欠かせないのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は保水効果があり、肌や関節の間にゼリー状で存在し、肌をプルプルの状態に保つことが出来ます。もともと体内にある物質で、年齢と共に減少していきます。そのため子供や赤ちゃんの肌はヒアルロン酸がたっぷりあり、プルプルの状態になっているのです。では、大人は諦めるしかないのか?というと、色々方法があります。

ヒアルロン酸注射とは?

まず有名なのがヒアルロン酸注射です。気になるシワやタルミ部分にヒアルロン酸を注入します。するとシワやタルミが薄れるという素晴らしい注射です。一種の整形手術のようなものですが、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので、副作用などが起きにくく安全なのが魅力です。

また、手術時間も5分から10分と非常に短期間で終わり、当たり前ですが日帰りで行うことができます。しかし時間と共にヒアルロン酸は体内に吸収されてしまいます。

シワが気になりだしたら、再び注入する必要があり、少し面倒です。即効性はあるので、「来週、結婚式!」という方や「週末、合コンがある!」と即効性を求められる方の間では非常に人気のある摂取方法です。

それに対して、飲んで摂取する方法というものもあります。非常に飲みやすいので、簡単に摂取することができます。中にはコラーゲンも一緒に含まれているタイプの商品もあるなど、非常に多くの種類のヒアルロン酸ドリンクが販売されています。ドラッグストアなどに行って、探してみましょう。摂取方法は色々ありますが、自分に合った方法でヒアルロン酸を接種し、若返っちゃいましょう!

ヒアルロン酸とコラーゲンの相乗効果

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

ヒアルロン酸とコラーゲンがいかに美肌にとって欠かせない存在かは皆様もご理解いただいたと思います。ところが、大きな落とし穴があるんです!なんと「ヒアルロン酸」単体では、肌に吸収されにくいんです。

コラーゲンある状態で、初めてヒアルロン酸は肌に吸収されるのです。(勿論、肌にコラーゲンがいっぱい含まれている状態ならば、良いですが、なかなかコラーゲンたっぷりの肌の人でヒアルロン酸だけが足りていない人はすくないですよね)

これを相乗効果と呼びます。単体で摂取するよりも一緒に摂取することで、効果が増大する状態を指します。ドリンクなどに両者が一緒に含まれている商品が多いのもこの相乗効果を狙っているからなんです。この相乗効果はヒアルロン酸とコラーゲンだけではありません。

ビタミンCとビタミンEでも相乗効果が望めます。実はビタミンEはビタミンCがあることで何度も働くことができるんです。この二つは美肌に欠かせない栄養源ですが、せっかく摂取するならば、両者を一緒に摂取するようにしましょう。

このような栄養素は意外にも多く存在します。サプリで摂取する場合、「ビタミンE」と「ビタミンC」というように多くのサプリが単体で販売されています。何も知らずに「何となく効果があるから」という理由だけで、どちらか一方しか摂取しないと、全く意味がないというケースもあるので注意が必要です。そのため、サプリを購入する場合は、あらかじめ勉強したり、ドラッグストアの薬剤師さんなどに相談したりすると良いでしょう。

美肌を作る食べ物

サプリを接種することで美肌を作ることが出来る、とご紹介しましたが、理想はやはり食生活によって必要な栄養素を摂取することです。というのもサプリから摂取するよりも食材から摂取する方が効率がよいからです。例えば、「すっぽん」や「豚足」や「ホルモン」。これらの食材からはコラーゲンが豊富に摂取できるので、女性の間でも人気の食材です。

又、あなごやサバ、いわしなども美肌には欠かせない食材です。中々、調理するのが難しい食材も多くありますが、外食をする際に意識して美肌に良い食材を選んでみましょう。

コラーゲンが手軽に取れる食べ物

簡単にコラーゲンを接種する方法としては、ゼリーがお勧めです。ゼラチンがコラーゲンの塊だからです。ゼリーを自宅で作られたことがある方は、ご存知かもしれませんが、冷蔵庫で冷やしすぎてしまったゼリーは、少し硬くなりますよね。水分が抜けてしまっているからなのです。肌とよく似た状態です。

美肌に欠かせないビタミンを摂取するには野菜がお勧めです。バランス良くビタミンが接種できる点が魅力です。特に味噌汁や野菜スープなど、野菜の成分が溶け出したスープを飲むのがお勧めです。

温野菜にすると食べやすいですが、栄養素を捨ててしまうので非常に勿体ないです。野菜スープは多めに作り、日によって味を替えれば飽きずに毎日飲むことができます。例えばチキンスープで初日はスープを作り、次の日には中華スープで作れば、全く異なる料理です。勿論、味噌をいれることによってイソフラボンを接種できるので、味噌汁もお勧めの料理です。

プロの力と文明の力に頼る手も・・・

a60a0490e19d0ed78fed16c05adc0ffd_s

毎日、家で頑張ってスキンケアしても限界というものがあります。そんな時にお勧めなのが、プロの力と文明の力です。まずプロの力ですが、なんといってもエステサロンです。

昔は、高いというイメージが強かったですが、最近は割安でエステサロンを利用することができます。月に1回もしくは2ヶ月に1回、自分へのご褒美にプロのトリートメントを楽しまれてはいかがでしょう?

ただ、沢山サロンがあり、何処に行ったらいいのか分からない、という人も多いでしょう。サロンによっては体験コースなどを用意しているサロンもあります。実際に足を運び、自分に合ったサロンかどうか、チェックしてみましょう。お勧めのサロンはカウンセリングに力を注いでいらっしゃるサロンさんです。現在の状況から、どのようなコースが効率的なのかを納得して選ぶことができます。

美顔器ってどうなの?

続いて文明の力ですが、これは美顔器になります。自分でスキンケアをしている際には届かないような皮膚の深層部まで、有効成分を届けることができます。こちらもエステサロンと同じように多くの種類の美顔器が販売されています。中には数十万円するような美顔器もあります。これは沢山の機能が盛り込まれているため高くなります。

ですが、単機能の美顔器ならば1万円以下で購入することができます。美顔器初心者は安い美顔器から始めてみてはいかがでしょう?美顔器の種類によっては週に1回から2回のトリートメントで効果を得られるものも多く販売されています。自宅でのスキンケアも大切ですが、プロの力や文明の力を最大限利用して、美肌になっちゃいましょう!

まとめ

コツコツとスキンケアは頑張っているのに、いまひとつ肌質が良くならない…という方は生活習慣を見直してみましょう。例えば睡眠時間です。お肌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時と言われています。この時間に深い睡眠をとれるように工夫してみましょう。

洗顔方法も大切になります。熱いお湯で顔を洗っていませんか?熱いお湯は汚れを落としてくれますが、肌に必要な皮脂までも落としてしまいます。皮脂は肌の潤い成分を閉じ込める働きがあるので、適量は残す必要があります。

逆に冷たいお水で洗っている人もいるのではないでしょうか?冷たい水は毛穴を引き締める働きがあります。ですが、引き締めすぎて汚れまで、一緒に閉じ込めてしまいます。一番良いのが、この二者の中間、ぬるま湯での洗顔です。「すすぎ」も美肌には欠かせません。洗面器にぬるま湯を入れて、30回を目安に洗いましょう。

途中で何回か洗面器のお湯を入れ替えて、しっかりすすぎましょう。これは、顔に限ったことではないのですが、お風呂の温度も大切です。熱すぎるお湯に短時間つかるよりも、ぬるめのお湯に長時間つかる方が体はあたたまります。

時には半身浴などを行うのもお勧めです。半身浴によって老廃物を排出することができるので、肌質が良くなるだけでなく、ダイエットにも効果的です。スキンケアの効果が得られない時は、なにげない日常生活を振り返ってみましょう。解決の糸口があるかもしれませんよ!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。