多汗症を改善する薬について。漢方は効果ある?

多汗症は手術で改善した方がずっと高い効果を実感する事が出来るでしょう。しかし、手術はどうしても費用が掛かってしまいます。出来るだけ安い金額での治療を行いたい場合や症状がそこまで重くない場合は、薬での治療でも十分改善する事が出来るでしょう。

スポンサードリンク

多汗症治療の薬

多汗症治療には良く、塩化アルミニウム液が使われています。塩化アルミニウム液を汗が気になる部分に塗る事で、汗腺を防ぎ汗の量を抑える事が出来るのです。その為、ワキの下や手等、部分的な多汗症には効果的でしょう。しかし、傷がある場合や粘膜部分へは塩化アルミニウム液を塗る事が出来ません。塩化アルミニウム液は皮膚科等で塗る事も有りますが、自分自身で購入して塗っても良いでしょう。

また、内服薬でも多汗症を改善する物があります。

プロパンテリン

まずはプロパンテリンです。これは、交感神経遮断薬として、唯一認可されている多汗症の薬なのです。精神的な面で多汗症になってしまっている人には、プロパンテリンが良いでしょう。

トフィソバム

他には、トフィソバムも多汗症に良いと言われています。自律神経のバランスを整える事が出来るので、精神的に落ち着く事が出来るでしょう。

多汗症治療の漢方

kanpo

また、漢方薬も多汗症にはよく使われています。漢方薬であれば、病院に行かなくてもドラッグストア等で自分で購入する事が出来ますよね。漢方薬には、余分な水分を取り除く物や体の発熱を緩和させるもの等があります。そういった漢方薬を飲む事で、多汗症を緩和する事が出来るでしょう。

多汗症は漢方薬で軽減する事が出来ると言われています。実際に漢方薬に、多汗症を改善する物は有りません。しかし、多汗症の原因を改善する物はいくつかあるのです。そういった漢方薬を探す事で、多汗症改善に繋がるでしょう。

スポンサードリンク

体内の水分循環を良くする漢方

まずは、体内の水分の循環を良くして、余分な水分を排除する事が出来る漢方薬です。多汗症の原因の中には、体内に水分が多すぎる、と言う事も有ります。夏場に水分を良く取る人は、どうしても汗の量が増えてしまうでしょう。しかしそういった水分をしっかりと汗意外で排除する事で、多汗症を改善する事が出来るのです。

体の温度を下げる漢方

また、体の温度を下げる漢方薬も有ります。体の熱、炎症等を下げる事により、汗の量はぐんと減るでしょう。汗が出る原因と言うのは、だいたいが体温が上昇した体を冷やす為なのです。体を冷やす事で、随分汗の量を緩和する事が出来るのではないでしょうか。

更に、こういった漢方薬には精神的に穏やかになる効果もあります。イライラしたり、動悸等を抑えてくれるので精神的な事が原因で多汗症になってしまった人にも効果的でしょう。

まとめ

体がむくんでいる人も、多汗症になり易いと言われています。体のむくみは、うまく体の水分を排除できていない状態にあります。だからこそ、漢方薬を飲みしっかりとむくみを解消すれば、多汗症も改善出来るのではないでしょうか。この様に、様々な症状に良い漢方薬があるので、自分の多汗症の症状とみくらべて使用してみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*