お肌の悩み別!美肌に利く食べ物

高価なエステに通ったり美容液を使わなくても、身近にある食材を使って肌の手入れをすることができます。食べられる食品を使った肌のケアは簡単で安全です。ニキビやシミ、シワなど悩みの種も、継続しておこなうことで改善できます。今回は肌に良い食べ物についてまとめました。

スポンサードリンク

肌の悩み別!肌に良い食べもの

ニキビ・吹き出物対策

hada

・ニキビは汗腺や脂肪を分解する腺に余分な脂肪が詰まってできたものです。
大根おろしにはこの脂肪を分解する働きがあります。大根のおろし汁を綿花やガーゼに含ませて、ニキビにトントンとたたきつけるようにパッティングします。膿を持ったニキビにも効果があります。

・吹き出物には、卵の白身を良く溶いた中に砂糖を少々入れて混ぜ、吹き出物に塗ると、治りが早くなります。

シミ・シワ対策

・小麦粉と水を使ってシミやシワが改善できます。
小麦粉大さじ2杯に少しずつ水を足してペースト状にします。それを眉や唇、目の周りを避けてぬります。パックが自然に乾くまで20分くらいおき、ぬるま湯で洗い流します。

・無糖のヨーグルトの上澄みを顔にぬって20分くらいおき、ぬるま湯で洗い流すと美白効果が得えられます。

・お米をといだ時に出るとぎ汁をボールなどに取っておくと、米ぬかが沈殿します。
それを顔にぬり、やはり20分ほどおいてから洗い流すとシミの改善になります。

・飲み残したお酒は顔や手足にぬるとシットリし、美白効果があります。

・目じりの小ジワは、卵の薄皮をはがして貼るとピンとします。

たるみ・むくみ対策

banana

・熟しすぎたバナナが残っていたらパックに使いましょう。むくみ対策に効果があります。
バナナをとろとろにすりつぶして、はちみつを少量加えて混ぜます。これを顔にぬって10分ほど置き、ぬるま湯で洗い流します。

・目元のむくみには、使った後のティーパックを冷蔵庫に入れて冷やし、まぶたの上に20分~30分位乗せておくと取れます。

唇の荒れ対策

・唇のがさつきを治すにははちみつをぬって料理用のラップを貼り付け、その上から蒸しタオルを乗せて10分ほど置きます。

・唇の色が悪いのはビタミンEが不足している場合が多いので、アーモンドなどのナッツ類やアボカド、ホウレンソウ、サケなどを食べると良いでしょう。

まとめ

身近な食材を使って手軽にアンチエイジング効果を得ることができます。しかし、昔ながらの美容法が誰にでも効果があるというわけでもありません。人によっては食材がアレルギーとなる場合も考えられます。食材を肌のケアに使う場合は腕などにぬり、反応を見てから使うようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*